2019年07月13日

グレイズ・アナトミー シーズン15 #14

メレディスはアンドリューとタリンを
助手に病院の最長オペ時間記録を破る
オペに昨日から挑んでいた。

公園で薬物の過剰摂取での多数の通報で
ERに次々と患者が搬送される。

オーウェンはべディの両親と争わずに
レオをベティの両親に引き渡してると
ERから呼び出しが入り、別れがつらい
オーウェンは病院に向かう。

病院はトリアージを行い重傷患者はER、
歩ける患者はクリニックで処置してると
クリニックにいたベティが急変して
ERに運び込まれた。

オーウェンがベティの処置を行うが
ベティの彼氏のライナスが取り乱したので
リンクが落ち着かせて点滴の処置をする。

連絡を受けたアメリアがべディの両親と
ERに駆けつけるが大動脈解離の起こし、
テディがリチャードと緊急オペを行う。

マギーがテディとオペを代ろうとするが
ベティに万が一の時があった時に
アメリアにはマギーが必要とそこまで
考えるなんて、テディはすごいな。

ERに公園で息子とはぐれた母親がいた。
ホームレスの老人が迷子を見つけて、
ERに連れてきてくれて親子は再会するが、
ホームレスは母親が薬物中毒だと言う。

迷子を連れてきたホームレスはボロボロの
靴で足を怪我してたのでカドリが処置する。
ジャクソンはホームレスのために寝場所を
探したが見つからず、マギーと行く予定で
キャンプ用品を車に積んでたので
ホームレスに必要な物をあげることに。

薬物中毒の母親はアレックスが夫に連絡し、
母親は警察に連行され、アレックスは夫に
妻より子供を守るように忠告する。

アレックスは6歳の時に、バーの駐車場で
父親に置き去りにされた経験があるから
子供の記憶に残ることを心配していた。

リンクとアメリアは注射を腕に刺したまま
倒れていたライナスを発見する。
リンクが処置するがライナスは亡くなり、
アメリアは耐え切れずに号泣する。

テディのオペによってベティは一命を
取り戻す。ベティ父は彼氏が死んだことを
話さないと言うが、アメリアは婚約者を
過剰摂取で亡くしたことで生きようと
決めたと打ち明ける。
そして、ベティの意識が戻った。

メレディスは27時間に及ぶ手術を成功させ
やっと眠れると思ったら、マギーから
アメリアが大変と聞いて向かうと
テディとハグしてたので助かったとわかる。

メレディスは廊下のストレッチャーで
眠ってしまい、アンドリューが見つけて
病室に運び、毛布を掛けて優しくキスする。

グレイズ・アナトミー シーズン14 コレクターズ BOX Part1 [DVD]



posted by Jasmine at 13:31 | Comment(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ