2019年07月04日

ブラインドスポット シーズン4 #13

ザパタとボストンはマデリンから
ブラッドリー・ダイナミクス製造の
航空機をハッキングして乗っ取り、
3時間後にワシントンに到着するまでに
墜落させるように命じられる。

FBIはザパタたちと連絡が取れないので
カートはパターソンとリッチと
マデリンが提出した資料を返しに行き
スニファーを回収する。

スニファーのデータからブラッドリー・
ダイナミクスの航空システム“アルヴォ”
が安全試験をクリアしてない書類や
改ざんされた書類が見つかった。

安全部門のトップのギャレットを呼ぶと
内部文書は偽物とわかり、データだけでは
説得力がないので飛行機を墜落させるため
デル・トロを雇ったとわかる。
アルヴォは新型エアフォースワンに
搭載されて飛行中だと判明。

ジェーンは普通の生活に戻れたので
カートと森のロッジで過ごそうと向かうが
ロッジにたどり着いたところにFBIから
事件発生と連れ戻された。

ドミニクがマデリンの元に本物の
デル・トロを連れてきて、作業をさせる。
ザパタとボストンは従うフリをするが、
偽者とバレたと気付き、脱出することに。

アルヴォには政府関係者が乗っていて
ワイツに連絡するが繋がらない。
その頃、ワイツは大統領上級顧問から
機内でFBI長官のクビを告げられていた。

エアフォースワンへの通信が全て
遮断されて交信ができない。
クビになった直後にエアフォースワンが
ハッキングされたとワイツに連絡が入る。

FBIはワイツの電話から機長と話して
ギャレットはシステムを再起動させると
機内の気圧が低下し、皆意識を失う。

ザパタとボストンは逃げる途中で
建物にC4爆弾が仕掛けられてると気付き、
デル・トロが同じ建物でハッキング中で
ザパタたちはデル・トロたちを倒した。

ボストンは墜落を止めようとしてると
リッチにシステムから締め出された。
後はエンターキーを押すだけなので
ザパタが残り、ボストンは携帯が繋がる
外からリッチに連絡してサーバーを
繋げてもらい、墜落を阻止できた。

するとザパタがいる建物が爆発したが
ザパタは脱出していて無事だった。
ワイツは墜落から救った手柄を横取りし
クビを免れた。

支局に戻ったボストンは皆から拍手で
出迎えられ、自由の身になりFBIに
雇うと言われるが自由を満喫すると。

ジェーンはカートと自宅でくつろいでると
シェパードの弁護士から書類が届き、
中身はパズルだった。死んでも暗号を
届けるとは執念だね。

マデリンはすでに逃亡し、ザパタは
チューリッヒでマデリンが保管してる
大事な書類を手に入れるが女に襲われる。
マデリンの狙いはまだあるみたい。

ブラインドスポット 1stシーズン 後半セット(13~23話/3枚組) [DVD]



posted by Jasmine at 00:08 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ