2019年06月12日

ブラインドスポット シーズン4 #10

2年前、カーンズ製薬でドクター・ローガは
PTSDの治療薬として開発されたZIPが命の
危険があるので廃棄されたはずが出回ってる
とCEOに報告すると公表してないが責任者は
法的処罰を受けていると言われる。
CEOは誰かにローガと助手の始末を命じた。

現在、ジェーンは副作用に悩まされていて、
ZIPの治療薬を探す必要があった。
ロマンが“カリスト”を調べてたことや
データからZIPの開発者のドクター・ローガに
たどり着くが2年前に事故で死亡していた。

ローガの息子クレイを呼んで話を聞くと、
資産に不審な点があるので調べると、
ローガは生きていることが判明。

リードはザパタを取り調べるとキートンと
話したいと言われるが、昏睡状態だと言うと
信じないので入院するキートンに会わせた。

ザパタはキートンが本当に昏睡状態と知り、
キートンに命じられた極秘任務だったと
打ち明けるが、リードは信じてくれない。
死んだはずのMI6のクローディアから
連絡があったことでリードは信じることに。

マデリンが飛行機の墜落を計画してるので
ザパタは行かせてくれと訴え、リードは
行かせることにした。

ローガ息子は母親が生きてると聞いて、
婚約者に知らせると言うと、誰にも言うなと
止められたのに婚約者に電話したことで
カーンズ製薬に知られてしまう。

ジェーンはリッチとバンで待機して
カートとパターソンがローガに会いに行くと
助手を殺されたローガはロマンが身の危険を
知らされて、死を偽造してくれたと。

治療薬は出来ていて、ロマンが来るのを
待ってたと話してると、刺客が現れて、
銃撃戦となり、ジェーンも現場に向かうが
研究室が火事になり治療薬も燃えてしまう。

見つけたと思ったら、バカ息子のせいで
治療薬がダメになってしまうとは。
ロマンが他にもスタントン細胞があると
話してたので、それに期待するしかないね。

ザパタはトロントに向かうが男たちに
CIAから話があると拉致された。
ラレンが横やりを入れてきたのかな?

ブラインドスポット 1stシーズン 後半セット(13~23話/3枚組) [DVD]

posted by Jasmine at 22:10 | Comment(0) | ブラインドスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ