2019年05月14日

ブラインドスポット シーズン4 #6

ジェーンは脱獄のシュミレーションを行うが
鍵を開ける装置に時間がかかり過ぎると
ヴァイオレットに改善を命じる。

トリンブル下院議員が自宅で殺された。
残されたダイイングメッセージの“GPA”が
ジェーンの星条旗のタトゥーにヒットする。

“GPA”は“アメリカの成長と繁栄を目指す会”
というロビー団体と判明。
GPAは法案絡みで多額の献金を行い、
元議員のワイツも献金を受け取ったと認め、
トリンブルとずっと話してないと言いながら
会う約束をメッセージでやり取りしていた。

トリンブルの自宅からGPAに脅迫されてる
会話の録音が見つかる。
ワイツはトリンブルからGPAを告発すると
聞いてたので、ダベンポート議員を訪ねるが、
GPAは皆の弱みを握ってるのでお互いのために
忘れようと言われる。

この陰謀には中国が絡んでるとわかる。
女性議員ベルも告発しようとして撃たれて、
搬送された病院に殺し屋が現れたが射殺した。
殺し屋の携帯から仲間がダベンポートの家に
向かっているとわかる。

ワイツはリードとダベンポートの保護に行き、
襲撃を受けるがダベンポートが黒幕だった。
それに気づいたワイツはダベンポートに
撃たれそうになり、リードに助けられる。

ザパタにデータを盗まれた件で、CIAから
リードの尋問にラレンがやって来た。
自宅に押し入ったクローディアはMI6で
行方不明でザパタに殺害の疑いがあると。

一方、マデリンはクロフォードのせいで
HCIグローバルは大打撃を受けたので
ザパタにライバル社のプロジェクト・アルゴ
を調べるように指示する。
ザパタは担当者を脅して情報を入手する。

ワイツはリードに助けられたのにクビにした!
と思ったら、ザパタをCIAより先に見つけろと
極秘任務を頼むためだった。

ジェーンは怪しんでるカートに闇取引する人から
治療薬を手に入れることができると話す。
信じられないカートはジェーンに発信機を
仕込んで尾行し、ヴァイオレットと遭遇。
銃撃戦になるがヴァイオレットに逃げられる。

自宅に戻ったカートは銃を手にしてジェーンに
どういうことだと迫る。
ついにレミとして本性を現すのかな?

ブラインドスポット 3rd シーズン DVD コンプリート・ボックス (4枚組)

posted by Jasmine at 21:24 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ