2019年05月08日

ブラックリスト シーズン6 #2

リズはジェニファーとレッドの正体を探ってると
突然レッドが部屋に来たのでジェニファーは隠れる。
逃走したコルシカ人のモローの情報を持ってきた。

整形したモローの顔はわからないが搭乗予定だった
便はJFK空港行きで、盗んだ車もNYの近くにいたと
わかったのでリズたちはNYへ向かう。

その頃、モローはトルコの外交特使アルブレヒトに
変装するとアクセスコードを聞き出し、トランクに
アルブレヒトを入れて殺害し、国連ビルに入った。

レッドは武器商人のアーロンからモローが求めたのは
マックスウェル・ルディガーの連絡先だと聞く。
アルブレヒトの遺体が発見され、外交書簡入りの
アタッシュケースと身分証がなくなってると判明。

アルブレヒトの身分証が国連ビルで使用された。
レッドからモローがビルを吹っ飛ばせる爆弾を
ルディガーから買ったと連絡が入り、爆弾を作った
ルディガー本人に解除させると言われる。

リズたちは国連ビルにいる人たちを避難させるが、
モローは爆弾を起爆し、保安要員から銃を奪って逃走。
レスラーはアラムの協力でモローを発見するが
モローは人質を撃ち、逃走してしまう。
撃たれた人を見捨てないのはレスラーらしいね。

リズが全員避難させると、レッドはルディガーと
国連ビルに入り、ルディガーが爆弾解除してる間に
デンベと国連見学をして、総会議場で演説してるし。

ルディガーが爆弾を解除した。
市警が来る前に国連ビルから出たレッドは屋台で
プレッツェルを買ってると、突然警官に身分証を
見せろと言われ、レディントンとバレて逮捕される。

クーパーはパナベイカーから政府は一切の関係を
認めないと契約書に明記してあるので
何もできないと言われる。

レッドは逮捕した警官を買収しようとするがダメで
そこに連邦検事のホルトがやってきた。
クーパーはホルトをレディントン特別作戦部に呼び、
レッドの協力で成果を上げたことを説明するが
ホルトはレッドを逮捕したと記者会見を開いた。

リズは留置場にいるレッドに会いに行くとレッドは
身近な者にハメられた。裏切者を見つけろと言う。
ジェニファーかと思ったらリズが裏切ってたとは。
またモローに逃げられたけど、レッドを助ける方が
優先されるのかな?

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD]

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX

posted by Jasmine at 22:34 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ