2019年04月19日

カウンターパート シーズン1 #10(終)

シーズンフィナーレ。
事故を起こしたクエイルが目覚めると病院の
ベッドにいて、テレビで事件のことを知る。
クレアも軽傷で2人で協力して乗り切ると
職場に行くように言われた。

クエイルが戦略部に戻るとオフィスは血だらけ。
ファンチャーは襲撃犯は1人だと公表して、
表向きは病んだ職員の犯行で片付けるらしい。

ファンチャーはクエイルが言ったように
ボールドウィンを渡さずに調べるべきだったと
4階の執行部との会議に出て欲しいと言われる。

その頃、向こう側でも別エミリーとイアンが
上司のドワイヤーに襲撃を仕組んだのはこちら側で
スパイが実行したと報告し、別エミリーたちも
執行部との会議に出席する。

執行部との会議は両方の世界は同じように
ヘッドホンをした男が執行部の発言を代弁して
執行部は姿を現さないが同じ人じゃないよね。

問題は中間地帯で倒れてるスパイをどうするかで
クエイルは向こうの出方を見るべきだと言い、
別エミリーは身柄を要求するべきだと言うが、
両方の執行部はお互いの出方を待つことになる。

クエイルは残りのスパイを捕まえろと命じられる。
向こう側の兵士が中間地帯に降りて行き
スパイの死亡を確認する。
するとこちら側は扉を閉じて外交は終了した。

そんなことになってるとは知らないハワードは
自分の世界に戻るためにポープに接触する。
しかし、ポープからエミリーが別ハワードに書いた
手紙を見せられ、今君の妻を独り占めだと挑発され、
カッとなったハワードはポープを殺してしまう。

そこにイアンがやって来て、ハワードを連行する。
目隠しされてエコーに連行されたハワードは
椅子しかない小さな部屋に入れられた。

別ハワードは国外に逃げようとチケットを買い、
アルドリッチにエミリーの警護を頼むと電話すると
警護しないと敵が襲ってくると言われる。

別ハワードはアンドレイから大金入りのバッグを
受け取り、エミリーの病室でボールドウィンが
現れるのを待ち、これは罠で2人とも殺されると
大金入れのバッグを渡し、立ち去れと言う。

別ハワードは病院から脱出しようとするが
アルドリッチに見つかり、銃口を向けられるが
ボールドウィンがアルドリッチを射殺した。

アルドリッチの部下は病院に行けと言われるが
クレアが許せずに1人になるのを待っていた。
クエイルが帰宅するとクレアが部下の死体の
後片付けをしていた。

クエイルがバーで飲んでると別ハワードが現れた。
アルドリッチが捜してると言われた別ハワードは
彼のことは心配しなくていいと休戦を提案する。

ハワードと別ハワードは入れ替ったままで終わった。
クエイルにとって、クレアがスパイだと知る者は
別ハワードだけとなったが、クレアが他のスパイと
何かしないとも限らない。

ハワードは監禁されたが別エミリーが助けてくれそう。
アンナに“君は理想通りの娘だ”とメッセージを
残したハワードを見捨てないだろう。
シーズン2もWOWOWで放送が決定してるので良かった。

PART.jpg
posted by Jasmine at 22:19 | Comment(0) | カウンターパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ