2019年04月18日

SUITS/スーツ シーズン7 #2

ハーヴィーはアガードと付き合うことに。
ジェシカが13年前に前パートナーの名前を
事務所から外した時に言われたことを思い出し、
古い顧客のジム・レイノルズを切ることに。

友人の弁護士アレックス・ウィリアムズを
引き抜こうとすると代表の座を要求される。
ルイスにアレックスを代表に迎えることを話すと
反対されたが強引に押し切った。

ルイスはアレックスを代表にさせないために
顧客を奪おうとして、ハーヴィーを激怒させるが
ルイスかジェシカの合意がないとアレックスを
代表にすることは出来ないと言われてしまう。

ハーヴィーはジェシカの承認を得るために
シカゴに向かうが焦ってると言われ、
言い争うになってしまう。

一方、マイクはプロボノ案件に取り掛かる。
保険会社が交通事故で死んだ妻の保険金を
結婚式でたった1本タバコを吸ったことで
虚偽の申告だと支払い拒否された案件。

保険会社のアッカーマン弁護士は審問で
マイクの経歴詐称の件を持ち出した。
依頼人からも責められ、レイチェルと弁護を
代ろうとするがハーヴィーに反対される。

マイクは企業スパイのクロムウェルを雇い
保険会社の上層部が徹底的に理由を探し
支払いを拒めと指示する証拠を入手する。
その証拠で弁護士と取引して和解金を得た。

ドナのシニアパートナーの件はカトリーナから
昇進に反対しないが、パートナーは特別で
今の状況には疑問を持ってしまう。
そう思ってるのは私だけじゃないと言われる。

ハーヴィーはアレックスに代表の地位は重い。
目先の利益で代表にするわけにいかないが
来てほしいと言うと、アレックスは納得して
事務所に入ることになった。

ハーヴィーはドナに代表にできないと言い、
ドナは代わりにCOOの座を手に入れた。
カトリーナの言うことは当然だと思う。

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン6 バリューパック

posted by Jasmine at 21:02 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ