2019年04月16日

ブラインドスポット シーズン4 #2

ジェーンはロマンの幻覚にカートのせいで
シェパードや仲間を失ったと殺したいと話す。
ブラックサイトからシェパードを逃して、
治療法を見つけカートを殺すと言う。

リードはリッチからザパタがブレイクと
パリにいたと情報を得る。そこにHCIグローバルの
ジェット機が墜落したとの情報が入る。

リッチは東京から回収したデータにあった
タスマン海のシルエットが13年前に製作された
FBIに飾られる世界地図のレリーフに
タトゥー解読のヒントが隠されてると気付く。

美術に詳しい専門家として自宅軟禁の
リッチの元恋人ボストンを呼ぶ。
ボストンは早速レリーフに磁鉄鉱が意図を
持って埋め込まれたと磁鉄鉱がある場所の
磁力を測定した数字からウェブサイトに繋がり
ブルックリンの住所が判明した。

建物に入ったジェーンとパターソンは指示に従い
謎解きをするとガスが噴射して意識を失ってしまう。
気が付くとNSAのゼロ・ディヴィジョンの
ジェーソン・スタックだと名乗る男がいた。

各組織と情報を共有し、地図は自由な発想をする
局員を選別するためで、ある民兵組織がテロを
起こすと賛同するなら情報を持ってこいと言われる。

ナズもスタックに心当たりはないと彼の狙いは
別にあると調べることに。
地図の作者アンドリュー・ジャックネスは死んでいて、
教えていた大学は当時ロシアのスパイがいたと。

大学アルバムからスタックが客員教授として
ジャックネスに接触していたとわかり、
本名はロシア人のボリス・ソコロフと判明。
CIAのキートンからボリスの妻子が夫のスパイ活動と
引き換えに亡命しているが、ボリスは妻子が
事故で死んでたと信じていると。

役員のマデリン・バークがHCIグローバルの
新CEOに就任した。3ヵ月前に夫サイラスは
心臓発作で亡くなるが毒殺されていた。

ストックホルムで向かったザパタは弁護士の
キラ・エヴァンスにクロフォードのHDと引き換えに
命を助けるがマデリンが現れて、キラを殺害した。
後始末をするザパタはクローゼットに隠れてた
キラの子供を見つけるとシーっと合図して見逃した。

ジェーンはまたガスで意識を失わないように
解毒剤を飲むが、パターソンの解毒剤の中身を
砂糖にすり替えて眠らせた。その隙にジェーンは
ボリスに妻子が生きてると写真を見せて、
ブラックサイトのデータと引き換えに
居場所を教えると取引する。

ところがボリスが隙をついて、ロシアの暗殺組織に
合図を送り、キートンからそれを聞いたFBIは
ジェーンの居場所を突き止めて突入してきたので
ボリスは騙したとジェーンを人質にすると突入した
カートに射殺され、ジェーンはUBSを確保したが
欲しい情報はなかった。

ジェーンはカートにバレる前に殺そうと注射器に
毒を注入したところに突然カートが帰宅したので
慌てて注射器を後ろに隠し、何か隠してると
カートが気付いたところで終わった。

治療薬を見つけてからカートを殺すと言ってたのに
行動に出るとは驚いた。
リッチはボストンと元サヤを狙ってたが
職を奪われそうになるとはね。

ブラインドスポット 2nd シーズン 前半セット (3枚組/1〜14話収録) [DVD]

ブラインドスポット 2nd シーズン 前半セット
posted by Jasmine at 21:09 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ