2019年03月26日

SUITS/スーツ シーズン6 #16(終)

マイクは適正審査の面接の準備に休みをもらおうとネイサンに
話そうとしたが示談成立で法律相談所に5万ドルも入って
大喜びするネイサンに休暇を取りたいとしか言えなかった。

ハーヴィーとマイクの前に連保検事補のギブスが審査委員の
ウォルター・サムソンの代わりに審査委員になったと現れた。
委員の満場一致でないと合格できないので、ハーヴィーは
ギブスが手をまわして委員になったと疑う。

レイチェルは満場一致でなくても合格した事例を探しても
見つからなかったが、前科者が弁護士になった前例を見つけた。
適正審査の面接でギブスはマイクに早期釈放になったのは
取引をしたからと人格を否定し、マイクは反論できずにいると、
レイチェルは証人を呼ぶ権利があると前例を持ち出して助けた。

一方、タラとケンカしたルイスは彼女から時間が欲しいと言われる。
ドナはベンジャミンと開発した“ザ・ドナ”の特許を出願したら
他者の技術と約32%被ってたのでルイスは交渉役を買って出る。

ルイスは収益を分配するので使用を認めて欲しいと交渉したが、
相手は技術を盗用したと販売したら損害賠償を請求すると言い、
技術の買い取りで話をまとめたがドナは納得できないみたい。

マイクは刑務所のカウンセラーだったジュリアスに証人を頼むが
審査を受けられたのには裏があると断られる。マイクはソフィアを
助けられずに悔やんでるとチャンスが来たと説得する。
ジュリアスはギブスをやり込めてくれて、少しはスッキリした。

オリヴァーはマイクが休暇を取ったので面接を受けると気付き、
マイクはネイサンに面接を受けることを打ち明けると激怒されるが
オリヴァーがネイサンに話をしてくれ、マイクは残りたいと言うと
ネイサンはまた5万ドルの案件をを取ってこいと告げる。

ハーヴィーとドナはサムソンの弱みを探したが見つからなかった。
ハーヴィーはギブスにリバティー鉄道の証拠を渡そうとするが、
ギブスが欲しいのはハーヴィーがマイクが無資格だと知ってたと
証言することで、ハーヴィーはマイクのために認めようとするが、
ルイスとマイクは弁護士資格はく奪になると引き留めた。

面接でギブスはマイクに無資格だと知ってた人はいるか聞くと
ジェシカが私ですと現れた。ジェシカはある人の話だと
15年前に医大生が処方薬を不正に入手したが彼女には持病があり、
勉強を続けるには薬が必要で、研修中の病院で処方箋を盗んだが
検察官が慈悲を与えて保護観察にして犯歴を封印した話をする。

その検察官がギブスで医大生の名付け親がサムソンだった。
強引に追い出さずに“北風と太陽”のように自ら脱がす方が効果的と
これでジェシカはNYで弁護できなくなるがマイクのためだと。
おかげでマイクは弁護士になれて良かったね。

マイクはハーヴィーから事務所で雇うと言われ、相談所の仕事を
続けることとハーヴィーのオフィスを要求するとはね。
ルイスはタラから別れを告げられてしまった。
もうジェシカは出てこないと思ったら、カッコいい再登場でした。

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック


posted by Jasmine at 21:45 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ