2019年03月24日

キリング・イヴ シーズン1 #7

イヴは朝帰りしたキャロリンからウラドがナディアを渡すと
聞いて喜んだ矢先にナディアが殺害されたと知らせが入る。
朝食を食べに行くとコンスタンティンがいて、昨夜の相手?
ナディアは囚人に襲われたと言われてもイヴは納得できない。

ケニーもロシアに来たのにキャロリンはここでの捜査は終了と
イヴとケニーにロンドンに帰るように命じるが2人は捜査を
続けることにして、ケニーが持ってきたコンスタンティンが
キャロリンに書いた77年から78年の手紙を読む。
ケニーが持ってきた写真にコンスタンティンも映っていた。

一方、ヴィラネルは穴倉から独房に移されるとベッドで
大女のインガが寝ていた。
看守に寝るなと警告されるが眠ってしまい、インガに襲われて
体格的に勝てないと思ったら首に噛みついて殺した。

そこに看守が来て、面会だとヴィラネルは連れて行かれて、
ヴィラネルは移送されることになった。移送中に看守の女が
仲間を殺し、組織がヴィラネルを迎えに来た。

一緒に移送中のアグニアは自由はイヤと言うと組織の物に射殺された。
ヴィラネルは新しい連絡係のアントンの元に連れて行かれて、
次の仕事を指示されるが、渡された銃でアントンを射殺した。

イヴはヴィラネルの過去を知るアンナに会いに行く。
ヴィラネルからのたくさんの手紙や写真に贈り物を見せてもらう。
アンナは教師でヴィラネルは生徒で問題児で母親は他界して、
父親は酒浸りでみんなは引いたがアンナは逆に歩み寄った。
放課後も自宅に来て勉強してたが、アンナの夫を嫌っていた。

冗談が通じず“好きなのは旦那のペニスでしょ”と言われて
“そうかもね”と答えたら、事件の日に帰宅するとヴィラネルが
風船や巨大なケーキの間ではしゃいで、現場を見せられたと。

イヴはアンナにヴィラネルは生きてると告げた。
アンナはコンスタンティンからヴィラネルが死んだと聞いていた。
死んだと聞いた1ヶ月後に届いたフランスのコートを見せられた
イヴはコートの中にお金と“マルタ・ポスロヴィナ”名義の
ヴィラネルのパスポートを見つけるとヴィラネルの昔の写真と
一緒に盗んだ。

コンスタンティンが帰宅するとヴィラネルが待ち伏せしてた。
ヴィラネルは標的がコンスタンティンで仕事をしたいと言い、
“トゥエルヴ”のメンバーを聞くが、管理者でないとメンバーの
情報を知る者は数人で俺は違うと管理者は知らないと答える。

ヴィラネルは薬で死にたいと言うコンスタンティンの要求を聞き、
お前は俺の人生の宝だと言われて油断し、殴られて逃げられる。

イヴはニコのことが心配になり、電話するが留守電だった。
ケニーが刑務所の監視映像にハッキングして、イヴはヴィラネルを
見つけると、ヴィラネルは面会室でキャロリンと会っていた。

キャロリンの行動はやっぱり怪しい。
アンナはイヴと髪型が似てたけど、それが執着する理由かな?
次回はシーズンフィナーレ、イヴとヴィラネルの追走劇に
終止符が打たれるのかな?

Codename Villanelle: The basis for Killing Eve, now a major BBC TV series (Killing Eve series)

Codename Villanelle: The basis for Killing Eve, now a major BBC TV series

posted by Jasmine at 20:19 | Comment(0) | キリング・イヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ