2019年03月23日

SUITS/スーツ シーズン6 #15

ハーヴィーはサイデルとの裏取引がヴェロシティー社のパルマーに
バレたので訴訟を取り下げるとマイクに話すが、マイクは訴訟を
取り下げるつもりはなく、適性審査を諦めて訴訟を続けると言う。
マイクから審査を諦めると聞いたレイチェルは少しガッカリしていた。

ルイスは前回顧客を失ったことでハーヴィーに怒られると覚悟してたが、
ハーヴィーは任せたことを謝り、マイクを弁護士にするために
サイデルの不倫相手がパルマーの手先だと証拠探しを頼む。

事務所はパルマーの圧力で顧客から契約を見直したいと連絡が入り、
ハーヴィーは事務所を守るために訴訟から手を引く。

マイクは原告から1億ドルの示談金を断ったことで責められるが
150人だと1人当たりは少なくなると2日の猶予をもらう。
マイクはパルマーに適性審査を辞退したので闘いはこれからだと言うが、
ハーヴィーが訴訟を下りたので示談金が1000万ドルに下げられる。

一方、ドナはベンジャミンと少し前から“ドナ”の開発に取り組んでいて、
完成したので出資者を探しをスチュに頼んだ。スチュは“ドナ”を気に入って、
所有権の90%で個人的に投資すると言うがドナは断った。

ドナとベンジャミンは出資者に売り込んで、上手く行ったと思ったが
ハーヴィーに顔を立てて会ったが、秘書ごときと取引するつもりはないと
出資者たちが話しているのをドナは聞いてしまう。
ドナは諦めようとしたが、ベンジャミンのためにスチュの提案を受け入れた。

ルイスとハーヴィーは不倫相手探しにハッカーのジェリーに頼みに行くと、
女に心当たりがあると教えられる。ハーヴィーはレイチェルとクロムウェルに
会いに行き、標的たちに企業秘密が狙われてると教えると脅して、
刑務所行きが嫌ならパルマーの依頼で何をしたか白状させた。

マイクはハーヴィーがレイチェルと危ないことをしてると知って怒るが
レイチェルは夢を諦めた人と結婚したくないと言われ、弁護士になると決める。

ハーヴィーとマイクがパルマーにクロムウェルを雇った証拠を突きつけて、
示談金を2億ドルに上げて、サイデルを引き抜けと要求した。
マイクはサイデルにパルマーに雇うと誓わせたので適性審査を受けさせて、
妨害は阻止するように約束させた。

ルイスはマイクの件で脅して、パートナーになったことに罪悪感を抱き、
タラに話すべきか迷っていると、レイチェルから隠していてバレたら
終わりと言われ、タラに話すと隠し続けてほしかったと言われ、
君だって私と寝ておきながら他にも男がいて、恥ずべきことをしてると言い、
彼女は出て行ってしまった。これでタラとは終わりかな?

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン3 バリューパック
posted by Jasmine at 14:58 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ