2019年02月26日

カウンターパート シーズン1 #2

自分の世界に戻った別ハワードは妻エミリーと店で会うと向こう側へ行く理由を
聞かれるが答えない。エミリーから処理班から引き渡し命令が出たと言われ、
ブルガリア人の男たちに従って車に乗るが彼らを殺して逃げた。

別ハワードは殺し屋ボールドウィンの本名がナディア・フィエロだと入手し、
ポープから36時間の滞在ビザをもらってこちらの世界に移動する。
ハワードは分析部に昇進し、仕事を始めようとするとクエイルに呼ばれて、
別ハワードの要望で行動を共にすることに。

別ハワードによると2つの世界の人格は幼少期は同じ過去を共有していて、
こちらの世界のナディアはヴァイオリニストで彼女のリハーサルを見て、
ナディアを知れば、ボールドウィンの居場所もわかるだろうと。

ボールドウィンは顔を負傷し、隠れ家で謎の女から別ハワードが来てることや
名前がバレたことを知らされる。正体がバレた場合はこちらの世界の自分を
殺すことになっていて、ナディアの住所を渡される。

別エミリーは上司からチームに雇われたブルガリア人が3人死んだ理由を聞かれ、
引き渡し命令は出てないと言われる。薬物乱用による精神錯乱を疑われ、
ハワードの留守に諜報員のイアン・ショウと寝ている。

ハワードは管理部の男たちとナディアの部屋で手がかりを探す。
別ハワードはバーで飲むナディアに接近し、一緒に飲みながら昔話をして
ケーぺニックに父親と住んでた家があると聞き、空き家になってる家に
ボールドウィンがいるとハワードたちが向かうことに。
空きやにボールドウィンがいた痕跡があり、ナディアの住所のメモを見つける。

ボールドウィンはハワードたちが出て行った後にナディアの家に侵入して
ヴァイオリニストでリハーサルがあることを知る。
バーにナディアがいることを確認したボールドウィンは男2人が死亡し、
女が人質になってると通報すると、外の車で張り込み中の男2人を殺害する。

ナディアは音楽家崩れの酔っ払いの父親に育てられ、10歳の時に駅のホームで
演奏して小銭を稼いでいると、酔った父親がホームから転落し、助けを呼ばずに
父親が電車にはねられるのを見ていた。その記憶をナディアたちは共有していた。

警察が到着し、バーにいたナディアは保護しようと外に連れ出されると、
覆面をしたボールドウィンは警官を殺害し、ナディアを撃とうとするが撃てず、
ナディアを連れて劇場に逃げ込む。別ハワードと管理部の男たちも劇場に入った。

ボールドウィンはナディアが完ぺきな人生と覆面を取って顔を見せると
ナディアは私イカれたのねと言い、誰かわかる?と聞かれ、本当の私と答えた。
ボールドウィンは父親を見殺しにした。2人でやった。忘れるなんてと
ナディアの腕は傷だらけで、彼女は幸せでなかったと悟ったみたい。

襲撃されてボールドウィンが反撃する隙にナディアは逃げ出した。
警察もやって来たので射撃許可が出て、ハワードが止めようとしたが
ナディアは撃たれてしまった。ボールドウィンはナディアの遺体の側で
呆然としているところを警察に確保された。

ハワードはスパイ作戦に巻き込まれ、目の前でナディアが殺されてショックを受ける。
別ハワードの考えは理解できないみたい。
ボールドウィンはナディアと会って、何かを感じたみたい。

posted by Jasmine at 22:09 | Comment(0) | カウンターパート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ