2019年02月14日

SUITS/スーツ シーズン6 #10

ハーヴィーは出所したマイクにコンサルタントとして雇うと事務所に誘う。
ジェシカはロバートから古い顧客のジム・レイノルズの会社が
他の事務所を探してると知らされる。
ジェシカはベイリーの再審裁判があるので、ハーヴィーとルイスに対応を任せる。

ルイスが留守でハーヴィーは1人でジムに会いに行くと、取締役のマニスに
サターを裏切って、マイクを出所させた情報が流れ、契約を切ると言われ、
ジェシカでなく、ハーヴィーが来たことが逆効果だった。
ルイスも顧客からサターを裏切ってことを聞かれるがサターのウソだと答えた。

ジェシカとレイチェルはベイリーの再審を担当。
ベイリーの元弁護士にアリバイ証人のマリアを捜さなかったことを認めさせるが
元弁護士はベイリーを有罪だと思ったと証言する。

ベイリーが証言台に立ち、マリアと薬でハイになり、食事をしようと外に出ると、
被害者の若い男女が倒れていて、助けようとしたが男の子は亡くなっていて、
意識のある女の子を介抱していたら警察が来て逮捕されたと話す。
逮捕から2年後に妻と離婚し、息子とは10年以上会ってなく、ジェシカのおかげで
娘とは再会できたが、殺人者と思われて死にたくないと訴える。

レイチェルは被害者の父親が事務所に怒鳴り込んできた時にマリアのことを
ジャンキーと呼んでたことを思い出す。父親がジャンキーだと知ってたのは
彼女に証言させないためにリハビリ施設に入れたからと判明。

ハーヴィーはサターに会いに行き、家を没収されたくなければジムの会社の
取締役全員に電話し、流した噂はデタラメだったと言えと告げる。
するとルイスはストゥからサターの会社が倒産したので、債務をオフィスを
タダで貸すことで相殺したいと提案され、引っ越すと告げられる。

ジムの会社の取締役会が早まり、ハーヴィーとルイスは法廷にいるジェシカに
取締役会に出席するように説得に行くが、判事は休廷を認めてくれず、
ジェシカはハーヴィーたちに任せた。

ジェシカは被害者の父親を証人として呼び、マリアを施設に入れたことを
追及すると認めたので、判事はベイリーの釈放を認めて自由になった。

ハーヴィーとルイスはストゥにジムの会社の株を買って筆頭株主になってもらい、
弁護士を替えてジムをCEOから降ろしたら取締役をクビにすると脅して、
事務所の契約を切られずに済んだ。

裁判の過程でジェシカの過去の回想シーンが描かれた。
ジェシカは両親が離婚し、医者だった父親に医師でなくハーバードで
法律を学んで弁護士になると言うと、弁護士は人の不幸を利用する言われる。
ジェシカが昔のことを思い出したのは初心に戻るってことかなと思った。

ジェシカはロバートから事務所を合併させようと提案される。
ハーヴィーとルイスに私は退くので事務所を託すと、ジェフにシカゴに
連れて行って欲しいとハッピーエンドに。

ルイスの恋はタラと順調に行くのかと思ったら、妊娠してると告げられる。
自分の子だと思ったルイスは喜ぶが、別れた恋人の子だった。
ルイスはそれでも一緒に育てようと言うが、タラは即答できなかった。
タラは元カレとヨリを戻すと思ったら、ルイスのプロポーズを受け入れた。

マイクが出所したと思ったら、ジェシカは事務所を去ることになり、
今シーズンは事務所の立て直しがメインとなっていたが、シーズン終盤は
新しい事務所の基盤作りになってしまうのかな。

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン5 バリューパック
posted by Jasmine at 22:06 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ