2019年01月31日

SUITS/スーツ シーズン6 #7

ケイヒルが裁判所にサターの売買ソフトを提出し、裁判は5日後に決まったが
他に証拠がないと、ケイヒルはマイクの情報を急がせる。
マイクはハーヴィーからケヴィンの情報を催促されるが、服役した理由を
ハーヴィーに話せなかった。

ケヴィンはサターに黙ってれば金をやると言われ、出所したらその金で
人生をやり直すつもりで検察と取引することを拒否する。
マイクはドナにケヴィンの妻ジルを面会に来るように手配してもらい、
直接父親を売るように説得するがダメで、ケヴィンからも激怒される。

ハーヴィーはサターにリークしたのは社員だと尋問みたいな面談を行って、
サターと共謀する社員を捜すが見つからなかった。

ルイスはハーヴィーからサターの取引情報を渡され、インサイダー取引の
証拠を捜してくれと頼まれて、ドナからストゥに協力するように頼んでもらい、
ストゥの情報からルイスは共犯者がコンサルティング・バンクにいる
サターの元部下アレンだと突き止めた。

ハーヴィーはケイヒルに伝えに行くと、アレンに取引を持ちかけられたと
すでに知っていたが、マイクの取引はそのままだと言われて安心する。
マイクはハーヴィーから証人が見つかったのでケヴィンは必要ないと言われ、
ケヴィンの妻もグルだったのでケイヒルにジルとの取引を頼んでもらう。

一方、レイチェルはベイリーの死刑執行日が30日後に決まったので
ジェシカと面会に行き、ベイリーにそのことを告げる。動揺するベイリーは
レイチェルたちに怒りをぶつけ、ジェシカはマリア捜しを約束して、
判事にアリバイ証人を捜してると1週間の猶予をもらう。

ジェシカは自分の調査員を使って、マリアを捜すようにレイチェルに命じ、
マリアはニュージャージーに引越し、名前を変えていて発見できなかった。
レイチェルはジェシカに言われ、父ロバートにマリアの捜索を頼むことに。

被害者の父親が事務所に怒鳴り込んできて、レイチェルは動揺しながらも
グレッチェンの支えもあり、何とか対応した。
しかし、ロバートからマリアは3年前に死んでたと告げられた。
これでベイリーが再審できるチャンスはなくなってしまうのかな?

ルイスは初デートに完璧なレストランをドナに予約してもらう。
タラは店を気に入ってくれたが、彼女にはLAに遠距離恋愛の恋人がいて、
彼とは会えない間は他の人とデートしていいことになってると聞き、
ルイスはショックだったがデートを続けることに。
タラがルイスを選んでくれるといいね。

マイクはギャロから早く仮釈放させないと、ケヴィンを売ることや
サターを陥れることをケヴィンにバラすぞと脅された。
ハーヴィーもケイヒルからマイクとの取引がなくなったと言われる。
上からの命令でケイヒルにもどうにもできないらしい。

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン2 バリューパック
posted by Jasmine at 21:32 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ