2019年01月29日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン6 #8

弁護士ボニー・パールと依頼人バネッサ殺人事件のパート3。
タックルズへの訴訟の裏で連続性的暴行事件があると判明し、
重犯課はオーナーのクレイグを容疑者と推測。

レイダーはフリンに付き添われ、専門医のトーレス医師の診察を受けると
心筋症は予想より深刻で、すぐに植え込み型除細動器の手術を受けて
移植の待機リストも“重症”にしたと告げられる。

レイダー不在の中、プロベンザが中心となり、他の被害者を探す。
スタンにレイプ事件のことを追及すると、母親から聞いてないと、
犯人が金持ちなら訴えれば搾り取れると喜ぶが、不当解雇の訴訟は
凍結されると気付き、逮捕をちらつかされて、ボニーのカバンに
秘密の隠し場所があると言い出すが、カバンは事件現場にはなかった。
フェイスブックのメッセンジャーにも隠してるとパスワードを教えた。

証人や依頼人の番号を2つのアカウントに残してたが、インディアナポリスの
使い捨て携帯は使われてなく、ラスベガスの番号はマキーシャ・セルビーで
2ヵ月前に解約されていて、サンディエゴの番号はシェリー・コインで
レイプは否定しなかったが協力はしないと言われた。

ノーランとペイジがサンディエゴのシェリーの自宅まで訪ねて、
クレイグにレイプされた?と聞くが否定したので、ボニーとバネッサが
殺されたことを告げると、ゲームのやり方を知らなかったのねと言う。

シェリーを尾行すると金持ちの男たちの所へ滞在していた。
高級車は現金払いで家も彼女が全額支払い、その時クレイグの口座には
多額の金の動きはなかったが、ノーランたちが会った後にシェリーは
加害者と思われるクレイグに電話していた。

サンチェスはベガス署のリンダにマキーシャのことを調べてもらうと
薬物関連で逮捕され、60日以上拘束中だとわかり、嫌疑を取り消して
LAに引き渡しを要求して、費用はロス市警持ちでリンダが連れて来ることに。
サンチェスとリンダはそういう関係だったとはね。

マキーシャはレイプされたこと、ボニーが会いに来たことを認めて、
犯人の名前を聞くと、ベガス署で言ったら逮捕されたと弁護士を要求する。
すぐにレイプされたとマキーシャは署に駆け込んだがハイで話は不明で
カバンに大量のクスリが入ってたので逮捕されていた。

ガスはラスティーに仕事が決まり、給料と解雇手当で部屋を借りられると
昨日デートに誘われたが断ったとやり直したいとアピールするが
ラスティはレイダーの体調やストローのことで精いっぱいなので
ガスにデートに行けばいいと言う。今のラスティに恋愛までの余裕はないよ。

マキーシャは弁護士のアドバイスで話をすると、クレイグはお膳立てで
落ち込んでた彼女にランドンのセミナーのタダ券をくれてので行くと
終了後にランドンに声をかけられて、クスリを飲まされて縛り上げて
口を塞いでレイプされた。“俺を信じろ”とずっと言い続けてたと証言し、
セミナー中のランドンを連行した。

インディアナポリスは2週間前に自殺していた。
ランドンはマキーシャとは浮気だったと、他の被害者たちの写真を見せるが
会ったことはないと犯行を否認し、家族と共に帰る時にわざとシェリーと
鉢合わせさせると、息子セスはあの女は?と聞くがランドンはシラを切る。

シェリーに証言を迫ると世間に知られたくないと裁判なんて無理と言うが、
レイダーは被害者たちの写真を見せて迫ると、考えさせてと言う。

レイダーはランドンの逮捕を公表した。副本部長は訴えられると激怒するが
他にも被害者がいると推測したレイダーの判断は正しかった。
重犯課の電話が次々となり、被害者たちが名乗り出した。

被害者は全員タックルズのウェイトレスでセミナーが開かれた街の
店舗に勤めてた。クレイグは共犯と思われるが、そこにランドンが
車中で射殺体で発見されたと連絡が入る。クレイグは一晩中店にいた。

現場にいたレイダーにトーレス医師からすぐに救急車を呼びように言われ、
プロベンザに電話を渡し、救急隊を呼んでと言うとレイダーは倒れた。
恐れていた事態が起こってしまった。レイダーが無事だといいけど。

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 2ndシーズン 後半セット (11~19話・5枚組) [DVD]

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 2ndシーズン 後半セット
posted by Jasmine at 21:16 | Comment(0) | Major Crimes(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ