2019年01月27日

(最終回)スキャンダル シーズン7 #18

ついにグランドフィナーレを迎えました。
サリーの番組でB613のことを暴露され、ロニーはオリヴィアと極秘に会う。
ロニーはオリヴィアに上院の公聴会でB613を調査する代わりにメリーが
大統領の座に残ったら銃規制を最優先にすると約束させると拳銃自殺する。

特別検察官のロニーが自殺したことで、上院特別委員会がB613の調査を開始。
委員会でオリヴィアたちにサイラスに捨てられたトムやホリス・ドイルまでも
B613のことを証言し、オリヴィアはジェイクにラシャド暗殺を命じたことや
トムはサイラスからヴァルガス暗殺を命じられたこと、ハイジャックが
サイラスの自作自演でジェイクと手を組んで大統領をハメようとしたと証言。

クインは起訴されたら刑務所送りになると、チャーリーと面会して、
ネットで資格を取ったハックによって、結婚式が執り行われて夫婦となる。

サイラスはジェイクに司法長官のデイヴィッドが起訴するか判断するので
デイヴィッドを始末するように言い、ジェイクはデイヴィッドを待ち伏せするが
彼に説得されて殺すことはできなかった。

するとサイラスはデイヴィッドを自白すると呼び出し、毒入りの酒の飲ませるが
苦しむデイヴィッドがなかなか死なないのでクッションを顔に押し付けて殺すと、
心臓発作で亡くなったことにした。

オリヴィアはローワンに協力を頼み、クインも娘ロビンを守りたいと
ローワンに助けを求めたことで、ついにローワンが証言することに。
委員会でローワンはB613の創設者で白人だけの委員会のメンバーに対し、
私が責任を負ってきたからこの国は存在してるといつもの演説をぶちまけて、
ここは司令官を差し出すべきところだが私である必要はないと告げた。

それによって、B613の司令官のジェイクがラシャド暗殺にハイジャック事件の
全責任を負って、逮捕されて刑務所送りになった。
オリヴィアたちの証言はすべて削除され、チャーリーは釈放された。
サイラスは副大統領を辞任したが、彼こそ刑務所送りにして欲しかった!

オリヴィアはメリーから戻ってきて欲しいと頼まれるが断った。
メリーは大統領として独り立ちして立派に職務を務め、マーカスとも順調。
フィッツは歴代大統領の肖像画の除幕式を行い、ジェイクは重警備の独房で
オリヴィアとの思い出に浸り、オリヴィアはローワンと夕食を共にするように。
アビーはハックと共にデイヴィッドのお墓参りに行く。

オリヴィアはフィッツと再会したが、2人はまたヨリを戻すのかな?
ラストで女の子2人がオリヴィアの肖像画を見に行くが、これはオリヴィアが
大統領になったの?この子たちはオリヴィアの子供?と疑問が残ったが
ここは想像にお任せってことなんだろう。

このドラマで数少ない善人のデイヴィッドが死んでしまうとはショックでした。
やっと幸せを掴んだアビーが可哀想すぎるし。
何もかもハッピーに終わらないのがアメリカドラマなんだけど。

いざとなったら皆ローワンを頼るけど、やっぱり彼が真の権力だと思った。
ファイナルは最悪なオリヴィアが描かれていったのでどうなるかと思ったが、
昔のオリヴィアに戻ってくれて良かった。

スキャンダル シーズン5 Part3 [DVD]

スキャンダル シーズン5 Part3
posted by Jasmine at 13:26 | Comment(0) | スキャンダル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。