2019年01月03日

スキャンダル シーズン7 #15

チャーリーがハイジャック犯として逮捕され、クインは愛するチャーリーを
救うためにオリヴィアと手を組みことにした。

その頃、チャーリーは拷問され、特別検察官ロニーから大統領のメリーの命令で
ハイジャックした自白調書にサインすれば自由にすると取引を持ち掛けられ、
サイラスの自作自演だと気付き、サインを拒否する。

フィッツがメリーにハイジャックの黒幕はサイラスでメリーに代わって
大統領になろうとしていると忠告するが、メリーは信じてくれない。
メリーはサイラスが記者たちに“私が生き延びたのには理由がある。”
と話したことでサイラスに疑いを持ち、ジェイクに調べさせる。

サイラスはクインを呼び出し、チャーリーを救いたいならメリーの命令だと
サインするように説得しろとオリヴィアはこれを足掛かりにホワイトハウスに
返り咲く気だと吹き込む。
悩んだ末にクインはチャーリーを救うために取引に応じると言うが、
メリーを守りたいオリヴィアは反対し、決裂してしまう。

ロニーは20年前モールでの銃乱射事件で9歳の一人息子が犠牲になり、
それで検事になったのに何故かサイラスと手を組んでいた。
デイヴィッドはロニーに探りを入れると、メリーが銃の愛好家なのが
気に入らないのが理由だとわかる。

サイラスはジェイクに聞かれると、ハイジャックを自作自演したと認めて、
オリヴィアはこの件で返り咲けば、ジェイクはお払い箱になると
自分に協力すれば地位を用意すると言われて、メリーを裏切る。

クインはサイラスに取引すると電話するが、他の方法でいくからと拒否される。
サイラスと手を組んだジェイクは拷問で血だらけのチャーリーにサインしないと
クインの命はないと脅した。

メリーはマーカスからサイラスが犯人でオリヴィアは敵ではないと説得され、
その流れでベッドインする。翌朝、メリーにサイラス暗殺で召喚状が届いた。
ジェイクがサイラスの側に回ったと知ったメリーは窮地に追い込まれ、
オリヴィアにB613の司令官に戻り、サイラスの暗殺を命じた。

ジェイクがメリーを裏切るなんてショック!
本気でサイラスを信用してないだろうし、いずれはサイラスを蹴落としそう。
クインはサイラスを信用するなんてバカだな。
オリヴィアは改心したのにサイラスを暗殺できるの?
クライマックスになって面白くなってきた。

スキャンダル シーズン5 Part3 [DVD]

スキャンダル シーズン5 Part3
posted by Jasmine at 21:07 | Comment(0) | スキャンダル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。