2018年12月15日

スキャンダル シーズン7 #13

サイラスはアル・スミス・ディナーのスピーチで話題を集めるために
張り切って原稿を書いたのに、メリーにリスボンのサイバー海賊サミットに
デイヴィッドと出席するように命じられ、ジェイクが代役と聞いて、
ジェイクが次期大統領の座を狙ってると考える。

デイヴィッドとヨリが戻ったアビーは一緒に暮らしていて、帰国したら
高級レストランでディナーをしようと言われ、プロポーズする気だと動揺し、
ハックとチャーリーはデイヴィッドのカード明細をハッキングすると、
宝石店で買い物して店を決める前に6軒のレストランに予約していた。

リスボンに向かっていた副大統領専用機エアフォース・ツーがハッキングされ、
操縦や地上との交信ができなくなる。ハイジャックされたエアフォース・ツーは
ワシントンDCに方向転換し、ホワイトハウスでもハイジャックされたと確認した。

メリーはジェイクを疑うと、ジェイクは10秒で心臓を止められる薬物があり、
関係ない人々を犠牲にせずに簡単にサイラスを消せるのにと言うが、
それでもメリーはジェイクにそういうフェチあるかもとこの件から外した。

サイラスはエアフォース・ツーに乗ってる記者や乗組員に状況説明して、
ハッキングされた可能性があると携帯など通信機器を没収した。
サイラスは秘書ハンナからノートPCがなくなり、休憩から戻ったら
デスクの上にあったので自分が感染源で、その時サイラスの執務室には
ジェイクがいたと聞いて、サイラスはジェイクを疑う。

機内の気象通信だけ使えたので、サイラスとデイヴィッドはジェイクがいる
ホワイトハウスでなく、QPAにウィルスを送信し、解析して助けてくれ。
官邸は信用するなとメッセージを送った。

その頃、オリヴィアは母マヤの誕生日を一緒に祝おうと訪ねていた。
マヤは今日は本当の誕生日でなく、オリヴィアがそう思ってるから
合わせてただけとホワイトハウスを追い出されたのに心配してると
痛いところを突かれた。

メリーは最悪の場合、エアフォース・ツーを墜落させる決断を下す。
サイラスは皆に我々が犠牲になることで大勢の国民の命が助かると
愛国心について感動的なスピーチをして、スマホを隠し持ってた記者が
サイラスのスピーチを配信していた。

エアフォース・ツーがワシントンに接近し、メリーは最後の通信を試みる。
QPAではエアフォース・ツーにアクセスできて、ウィルスを駆除に成功する。

アビーはデイヴィッドへの愛を確信し、プロポーズを受けるつもりだったが、
デイヴィッドはプロポーズはしないと言い、母親の誕生日で宝石店に行ったと
DV夫でつらい経験をしたアビーがまだ結婚の準備できてないとわかっていた。

結局、オリヴィアはマヤを解放することにした。
オリヴィアはハイジャックはサイラスが企んだことに気付いた。

ジェイクならバレるような証拠を残すかなとサイラスが怪しいと思ったら
やっぱりサイラスだった。オリヴィアがそれに気付いてくれて良かったけど、
他はすっかり騙されてるし。

スキャンダル シーズン3 コンパクト BOX [DVD]

スキャンダル シーズン3 コンパクト BOX

posted by Jasmine at 19:15 | Comment(0) | スキャンダル(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ