2018年12月13日

SUITS/スーツ シーズン5 #11

逮捕されたマイクは連邦検事補アニタ・ギブスの取調べを受けることに。
ハーヴィーはすぐにマイクの元に行こうとするがジェシカに止められ、
取り乱したレイチェルは父ロバートにマイクの弁護を頼む。

マイクはギブスに弁護士を要求するが無視されたので話すとカメラを
回してと言い、弁護士を頼んだがまだ来てない。権利が侵害されてる。
と録画させるとロバートが弁護士としてやって来た。

ロバートはマイクが弁護士でないと知って激怒し、助かるためにハーヴィーを
売れと言うが拒否したので、レイチェルに2度と近づくなと出て行ってしまう。
ハーヴィーはマイクが弁護士と会ってると会わせてもらえずにいると
ロバートが出てきたのでハーヴィーが弁護士として面会する。

ハーヴィーは有罪だと取り乱すマイクにハーバードのデータベースに載っていて、
成績証明書もあり、法曹協会の名簿にも入ってるので、検察に偽弁護士の
証拠はないので、本物だと俺たちが証明する必要はないと落ち着かせる。

ルイスはドナにマイクが捕まったと話し、ハーヴィーとマイクに会いに行くと
言うドナに検察に目をつけられると止めると、ドナはレイチェルの元に向かい、
取り乱してるレイチェルを慰める。

牢屋に入れられたマイクは同房の男に難癖をつけられて胸倉をつかまれるが
表彰された男の写真を廊下で見てたので捜査官だと見破る。

ハーヴィーはギブスにマイクは辞表を出してたと訴えを下げれば二度と
弁護士業はさせないと言うと、ギブスは辞表を見せたら保釈金は要求しないと、
保釈審理で保釈金を要求しない代わりにハーヴィーが辞表をねつ造したと
弁護人から外すと申し立てた。

マイクは取調べで弁護士を要求したのに無視された映像を録画したカメラの
製造番号を覚えてたことでマイクの保釈とハーヴィーの続投が認められた。

ハーヴィーはマイクに誰が密告したか調べるように指示する。
マイクはトレヴァーに会いに行くと、神父に話したのは認めたが密告は否定。
ハーヴィーはマイクに言われてスコッティに確認に行くとマイクの名前は
二度と聞きたくないと激怒されてしまう。

ハーヴィーはギブスからジェシカを売るように取引を持ち掛けられる。
レイチェルもロバートからもハーヴィーを売れと言われる。
ハーヴィーはギブスに事務所の辞職を知られ、共謀の証拠だと弁護を外される。

ハーヴィーがフォースマンにバレずに事務所に復帰するために、マイクは
ハードマンとジャックにフォースマンにハーヴィーの事務所復帰を伝えたら、
共犯者にすると脅した。

ハーヴィーが事務所に復帰して、ここから巻き返しできるといいけど。
ルイスはハーヴィーのためにドナをクビにして、ドナはグレッチェンは
巻き込めないとハーヴィーの秘書に戻った。
ルイスは出来ることをしようとしてるが、ジェシカは保身に走ってる。

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック [DVD]

SUITS/スーツ シーズン4 バリューパック
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | SUITS/スーツ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ