2018年11月24日

SCORPION/スコーピオン シーズン4 #21

ペイジ、ケイブ、シルヴェスター、ラルフは浄化フィルターをハワイの軍に
売り込みに行った帰りの飛行機に航空警察官のケイラから不審な携帯の信号が
貨物室から来てると起爆装置の可能性もあると聞いて協力することに。

ガレージで留守番のウォルターたちと通信機で連絡を取り、機内にある物で
簡易検知器を作り、貨物室内は航空会社ごとに違うので設計図は使えず、
同じ機体が修理中なのでハッピーとトビーは格納庫に向かった。

貨物室の荷物を調べてると車輪格納部に密航者が隠れていると判明。
ウォルターが空港の監視カメラから侵入する少年の姿を確認して、
ホノルル警察から失踪届も出てる13歳のケニー・レイトンとわかる。
ケニーの父親が機内にいるとわかり、ペイジは父親に知らせるとケニーは
離婚した母親とハワイで暮らすが父親と離れたくなく密航した。

低体温と酸素不足でケニーは危険な状態で、高度1500メートルに下がれば
気温が5度になり、機内外の気圧が合うので床を切って格納庫に入っても
減圧で墜落することもないと、ウォルターがペイジにプレゼントした
マッサージャーにダイバーの緊急用ナイフの刃をつけて床を切ろうとするが、
嵐が近づいて機体は降下できない。

ケニーを温めて酸素を与えるために貨物室のハロンを酸素供給用の薬品と
入れ替えて反応させて、酸素を消火器で送り込み、目覚めたケニーを
落ち着かせるためにラルフは圏外の携帯をネット回線に繋いだ。

温風が流れて体が動いたケニーの携帯にラルフが電話して助けると伝え、
感度が悪いので上に行くように言うと、ワイヤーを踏んでショートして
エンジンから火が出てしまう。ケニーはこのままだと煙で死んでしまうが
機長はエンジンの電力が切れないし、燃料も捨てることができないと。

ハッピーは燃料が流れるのを手動で遮ればいいと、シルヴェスターが
燃料制御バブルを止めて、エンジンが停止して火と煙が消えたので
機長が降下しようとするとウォルターがエンジン1基ではもたないと止める。

貨物室を気密室にして車輪格納部からケニーを助け出すと、ペイジはラルフに
ケニーの父親と一緒に座席にいるように言う。ケイブがハッピーの指示で
床を切ってベルトを降ろして、ケニーにつかまるように言うが足が冷えて
立ち上がることができず、乱気流でコンテナが動いて気密が破られて
ペイジは車輪格納部に落ち、機体は減圧して急降下した。

乗客に酸素マスクが出てきて、衝撃に備えて頭を下げるように指示され、
ケニーの父親は隣に座るラルフを守ってくれた。高度1500メートルになり、
ペイジはケニーと自分の体をベルトで縛るとハッピーに指示された
金属の出っ張りにストラップを引っかけようとするが短くて届かないので
ペイジは金属につかまり、格納庫が開いて風圧に耐えて飛行機は着陸した。

ケニーは無事救助され、ペイジも手のひらから出血しながらも頑張った。
シルヴェスターも軍がフィルターを買ってくれて良かったね。
ラルフはパティに告白するが年の差があると友達でいたいと言われる。

ウォルターはフローレンスのことをペイジに打ち明けようとするが
結局打ち明けることをやめた。
次回はグランドフィナーレですがスッキリと終わってくれるかな?

SCORPION/スコーピオン シーズン3 DVD-BOX Part1(6枚組)

SCORPION/スコーピオン シーズン3 DVD-BOX Part1
posted by Jasmine at 19:33 | Comment(0) | SCORPION/スコーピオン(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ