2018年10月11日

レジデント シーズン1 #6

コンラッドは父親とダイナーで話をするが、10年ぶりに会ったらしく、
母親を苦しめるために親権を争った父親のことを憎んでいた。
頼んだテイクアウトが来るとコンラッドは軍に入る時に親父にも
親父のカネにも頼らないと言ったとお金を置いて去った。

バレエダンサーのナイジェルが足の痛みでERに来る。
ナイジェルはコンラッドに栄養失調に見えるけど、消化器官の痛みで
食べられないと、10年以上経つが誰にも原因は分からず、婦人科以外の
全ての科で検査されたので検査は不要だと断る。

コンラッドはこの栄養状態ではダンサーとして体が持たないと
原因を探るので24時間もらう。
上級医のウィルモットがナイジェルに目を付けて検査しようとするので
止めようとしたが私の患者だと言われてしまう。

ミーナは近所のアティバに襲われるが倒し、ケガをした彼をERに運んだ。
アティバが薬物の離脱症状で暴れるが処置して助けると親に迎えを
頼んだが断られ、ニックとミーナがアティバを送ると両親はアディバに
苦労させられたので世話はできないと言われたが母親を説得した。

ニックはミーナを送ると自宅で娘を抱えた父親が待っていたので
様子を見に入るとミーナは病院のサンプル薬を持ち帰って、
自宅で診察をしていた。ニックは免許はく奪やビザを失うと言うが
小さな診療所はどんどん潰れてるので放っておけないと。

ミーナはアメリカで外科医をしてたおじを尊敬してたが休暇中に
ナイジェリアで心疾患で倒れ、まともな処置もされず帰らぬ人に。
そういうこともあり、ミーナは困ってる人を見過ごせないのだろう。

リリーの骨髄移植が決まった。ニックは心配でデヴォンにハンターのことを
話して気を配るように頼むが、ハンターを尊敬するデヴォンは信じない。
リリーの様子からデヴォンは移植前に再検査すると急性腎不全と判明。

デヴォンは誰かが見落としたとハンターに話したら診療所で詳細を調べると
ミスした職員を解雇するとごまかされる。
デヴォンにハンターは知ってたはずなのになぜ移植を進めた?と聞かれ、
ニックはスーパーボウル並みの大きなお金が動くからと答える。

ナイジェルが大腸内視鏡検査の下剤で痙攣を起こしてしまうが
呼ばれてもウィルモットは来ないことにコンラッドは怒る。
コンラッドはナイジェルの検査記録を取り寄せ、医者があまり来ない
婦人科の待合室に移動して話を聞いてるとコンラッド父とハンターが
通ったので身を隠すと、ナイジェルも父親と確執があると話した。

ナイジェルは父親にアメフトをやらされ、15歳の時に練習で息を吸うのが
苦しくて死ぬかと思ったと話すと、コンラッドはCTの画像を確認して
痛かったのはみぞおち周辺と聞き、正中弓状靱帯圧迫症候群かもと
投薬してもらうと10年以上苦しんだ痛みからナイジェルは解放された。
やっぱりコンラッドはすごいな。

ベルは副作用が出たので薬をやめて、友人のことだと医師に相談すると
脳外科手術を勧められる。
ベルとソープはマーシャルから投資を断れ、ベルは時間の無駄になったと
嫌味を言うが、コンラッドが息子だと聞いてビックリする。

父親はコンラッドに病院に投資はしない。その気もなく偵察に来ただけで、
小さな私立病院を作ろうと思ってると、コンラッドが研修を終えたら
働いてもらい、経営も任せたい。自由にできるし組織的なしがらみもない。
返事は急がなくていいから考えてみろと言われた。

父親はコンラッドと和解したいから提案してるのか魂胆があるのかは不明。
コンラッドは医師としては優秀だが経営はどうなんだろう?
それにしてもハンターは怖すぎる。金のためなら患者を殺してもいいと思ってる。

レジデント 型破りな天才研修医 DVDコレクターズBOX

レジデント 型破りな天才研修医 DVDコレクターズBOX
posted by Jasmine at 21:36 | Comment(0) | レジデント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ