2018年09月27日

レジデント シーズン1 #4

ERは予算削減で夜勤の人員が減らされ、高給のベテラン看護師はクビで
ハンドリー看護師は他の病院に移動になり、新人看護師がERを担当する。
バスの事故で次々と患者が運ばれ、新人看護師が患者を振り分けてると
スケボーで転んで頭を打った青年が来たが、元気そうなので軽傷だと判断。

青年は空いてるベッドに座ってたが意識を失い、デヴォンは彼を見つけると
赤タグだと言い、コンラッドたちが処置するが脳出血を起こして、
新人看護師は身元を確認しろと言われ、別人のバッグからIDを見つけると
顔写真が違うのに気付かずにイアン・ロビンソンだと言う。

青年は亡くなり、コンラッドは新人看護師に頭部外傷は最低でも黄タグだと
受付もしなかったと激怒する。イアンの父親に死亡を伝え、遺体と対面すると
息子でないと言われ、青年は身元不明の遺体となる。

しばらくするとイアンが搬送されてきて、処置してオペ室に運ばれた。
コンラッドは顔写真を撮り、父親にイアンと確認し、病歴などを尋ねると
低カルシウムと言われた。オペ室に駆けつけるとイアンは痙攣を起こしてたが
カルシウムを投与して助かった。

胆石と思われた老女のシャーリーは検査で胆のう癌と判明する。
初期で手術と放射線治療で完治が見込めるが手術しないと余命1年と言われる。
恋人のハウイーはシャーリーにキティホークでプロポーズしようと思ってたら
シャーリーに逆プロポーズされて、もちろんイエスと答えた。

ハンターは外科部長のベルが執刀すると言うが、それを聞いたコンラッドは
ベルの手術中に合併症が頻発してるとハンターに言うがミスは誰でもあると
医者同士は支え合うべきよ。肝に銘じてと言われた。

コンラッドはミーナを手術に参加させようと考えるが、ミーナは助手なのに
執刀しようとしたり、ERで勝手に外科処置をしたことで処置禁止となっていた。
ミーナはベルに助手にしてもらおうとするがベルはベンゾジアゼピンの効果で
手の震えがないので思いあがってると言われてしまう。

シャーリーとハウイーはキティホークに行くと退院しようとするのを
デヴォンが引き留めるが、シャーリーは妻になって死にたいと言うので
病院内でアービングが結婚式を執り行った。

シャーリーのオペが始まり、デヴォンは放射線治療をするハンターの助手で
オペに入ったら、こういう時に限ってベルのオペは成功したが
シャーリーが助かったので良かった。

ニックは入院したリリーがアレルギーを発症したがどの薬かわからないので
ハンターにカルテを頼むと送ったと言うが届かない。
直接クリニックまでニックはカルテを取りに行き、学生時代の友人アリーと再会。

ニックはクリニックで治療を受けてる患者を隠し撮り、カルテを受け取って
リリーはイミペネムのアレルギーとわかって、病室に注意の付箋を貼る。
ニックはアリーと飲みに行き、病院のことを探るが教えてもらえなかった。

ERの一件でコンラッドは上と交渉して、ベテラン看護師のハンドリーが復帰。
コンラッドはハンドリーから清掃員が拾ったと青年のかもと携帯を受け取り、
身元不明者がエリックとわかり、緊急連絡先の母親に電話した。

レジデント 型破りな天才研修医 DVDコレクターズBOX

レジデント 型破りな天才研修医 DVDコレクターズBOX



posted by Jasmine at 22:17 | Comment(0) | レジデント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ