2018年09月04日

アフェア シーズン3 #3

今シーズンは新キャラのジュリエットの視点も描かれることに。
ジュリエットは中世フランス文学の研究家として大学の図書館にある
古い文献を鑑定するために客員教授としてニュージャージに来た。

ジュリエットはノアの小説にハマっていて、偶然知り合ったノアを
自宅での食事会に招待する。
ジュリエットは生徒のマイクと関係を持ち、ノアにダメ出しされてた
オードリーはノアと寝たくてたまらないとか言ってるし。

ジュリエットはノアとベッドインかと思ったらノアは帰ってしまい、
欲求不満のジュリエットはマイクと寝る。

ジュリエットはフランスに病気の夫を残していた。
夫は著名なフランス文学の研究家らしいが介護が必要で会話はできず、
ジュリエットのことも認識してない。

ジュリエットはノアが忘れたジャケットを着て、ポケットのメモから
住所を知って、ノアのアパートを訪れると血だらけて倒れてる
ノアを発見して救急車を呼ぶ。

一方、ノアは救急車で病院に搬送されて一命を取り留めた。
看護師に奥さんが来たと言われ、アリソンと思ったらヘレンだったので
ノアはガッカリしていた。
アリソンは誰にやられたとか口うるさいのでノアはイラついてる。

警察がノアに会いに来るが、ノアは刺された時のことを覚えてなく、
コールのことを聞かれたが会ってないし、別居中のアリソンのことを聞かれ、
ジュリエットが発見者と言われて驚く。

退院するノアをニーナが迎えに来て、ジュリエットが夜中になぜいたのか
聞かれたがノアはわからず、ニーナに父親の家の鍵を渡される。
ノアはジュリエットを訪ねて、家にいた理由を聞くと私が勝手に行ったと
傷口の手当てをしてもらい家に泊めてもらう。

刑務所にいたノアは看守のジョン・ガンサーから高校時代に
水泳大会で会ってると声をかけられるがノアは覚えてなかった。
ガンサーはノアに親切だったが、ノアの小説にサインを頼んでると、
壁のアリソンの写真を見つけると預かると、止めようとしたノアの肩を
痛めつけて、それで薬を飲んでいるらしい。

ガンサーの夢を見たノアは出所してから跡をつけられてると警察に連絡する。
ノアが恐れてた男はガンサーで実在する人物だった。

アフェア ~情事の行方~ DVD-BOX

アフェア ~情事の行方~ DVD-BOX
posted by Jasmine at 22:52 | Comment(0) | アフェア 情事の行方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ