2018年05月03日

ブラックリスト シーズン5 #14

レッドはナヴァービに“冤罪救済活動”で冤罪だと証明した事件の多くは
誤った目撃証言が有罪の決めてだったと、デマルコの事件の記事を見せる。
警察はデマルコが仕事仲間を殺したと疑っていたが、現場から遠い所で
4人の目撃者がいたと書かれていて、レッドは操られて殺人犯に完璧な
アリバイを与えたと、それを陰で仕組んだのは通称“アリバイ”だと話す。

犯行を行うのは顧客で“アリバイ”は分身を作って目撃させることで
顧客のアリバイを作っていた。
デマルコの目撃証人に会うと、毎朝コーヒーと新聞を決まった時間に買い、
ATMでお金を下して宝くじを買ったと聞き、アラムがATMの映像を調べると
映ってたのはデマルコと一致率は81%でよく似た別人だとわかった。

顔認識ソフトでホームレスのシューラがなりすましたとわかったが
クーパーはレッドに依頼するとレッドはホームレスの施設を使って、
シューラを知ってるホームレスのデロレスを見つけた。

デロレスはシューラが仕事だと高級車に乗っていたと目撃していて、
ETC映像から582台に絞られ、免許証の写真をデロレスに見てもらい
ローリー・シンクレア3世が浮上する。

レッドはローリー・シンクレア3世の住所に向かうとそこはラボで
依頼人のファイルを発見する。
連絡を受けたレスラーたちがラボを調べると、デマルコが顧客だったことや
分身はみんな姿を消していることもわかる。

殺人計画が進行中とわかり、新しい顔型はあるが資料はなかったので
レッドに聞くと、いずれ出てくるさと言われレッドが持っていた。
チームは残された証拠から顧客はブライアン・パレットと突き止めた。
5か月前に妻が離婚を申請してたので標的は妻だとすぐに捜索することに。

妻の浮気を目撃したパレットは復讐するために“アリバイ”に依頼する。
パレットはアリバイに指示されたように毎朝ジョギングで同じ人たちに
挨拶してコーヒーを買うなどのルーティーンをこなしていた。

シンクレアはパレットにそっくりの分身にルーティーンを行わせる。
その頃、パレットは地下駐車場で妻を待ち伏せして、逃げる妻に発砲してると
レスラーたちが到着して捕まった。

ルーティーンを終えた分身はシンクレアの車に乗り込むと報酬だと
銃を向けられるがそこにレッドが車に乗り込んで、分身は今降りれば
死なずに済むと言われて車から降りた。

レッドはシンクレアを連れ去ると君の仕事ぶりを買っている。
何年も前から君の噂は聞いていた。見事なトレックだ。2か所で同時に
存在すると言う概念が興味深いと、FBIから守るためにここに連れてきた。
私の言うことを聞いてくれたら守れると言うと、シンクレアは話を聞こうと。

レッドはシンクレアの顧客リストをクーパーに渡し、起訴されてない顧客は
殺人罪で起訴できるが、無罪になった顧客は起訴できないが、殺された分身を
殺したのは“アリバイ”だが共犯者として起訴できると取引する。
レッドはシューラの遺体を引き渡してもらい、デロレスと共に埋葬した。
シンクレアはレッドのためにどんな仕事をするのかな?

一方、リズはFBI復帰のために心理鑑定を受けることに。
医師はリズが父親であるレッドに影響されているとレッドとの面談を希望し、
リズに頼まれたレッドが面談することになるとは。

シングルトンはリズがレッドと繋がっていると知り、仲間に報告するが
警官だけでなくDEAとか法の番人たちの組織みたい。

シングルトンはリズの味方のフリをして、レッドがFBIの情報提供者だと
教えてもらい、味方のフリして潜入してるみたいだけど、リズたちも
それに気づいていると思う。

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2 BOX [DVD]

ソフトシェル ブラックリスト SEASON 2

posted by Jasmine at 22:31 | Comment(0) | ブラックリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ