2018年04月16日

ブラインドスポット シーズン3 #3

ウォール街の大物ケヴィン・ロウイをテロ共謀罪などの容疑で逮捕する。
ジェーンのタトゥーからロウイが浮上し、彼のPCから4か月前の脱線事故を
指示したメールが見つかったが、弁護士はハッカー集団“3匹の盲目ネズミ”の
嫌がらせが半年続いていて、メールは捏造されたと証拠を提出する。

それを聞いたパターソンは驚き、“3匹の盲目ネズミ”はパターソンと
リッチともう1人の“エレクトラ”で活動していたがすでに解散していた。
これがパターソンとリッチの秘密で恋愛関係ではなかったのね。

違法ハッキングで不正を正す活動をしていたので逮捕されてしまうと
パターソンたちはみんなに活動のことを内緒にする。
そして“エレクトラ”の正体がキャシー・グスタフソンと判明する。

キャシーを連行して聴取し、パターソンとリッチは仲間に素性などを
明かしてないので聴取に同席し、ロウイが削除したメールを戻したと
犯罪者はあいつだと主張する。
脱線事故と同じように株を空売りしていて、明日は電気自動車の発表会で
何かあれば暴落するとFBIは警戒する。

パターソンはリッチにロウイの弁護士をハッキングしたら電気自動車の
キモとなるバッテリー工場だとわかったが、チームに違法なバックドアから
ハッキングしたと言えないので匿名情報にした。

ジェーンとカートがバッテリー工場に行くと、爆弾は仕掛けられていて
あと2分しかなく、パターソンたちに画像を送信し、仕掛けた男たちを倒して
ジェーンは解除コードを押させると、カートが倒されそうで撃とうとするが、
ガスが充満してたので、ワックスの容器越しに撃つとはさすがだね。
ロウイと実行犯は繋がらなかったが事件を止めることはできたので解散する。

パターソンとリッチはキャシーに拉致されてしまう。
キャシーはパターソンとリッチが仲間だと気付き、パターソンたちは逮捕され、
FBIに洗脳されたと思っていて、また3人で活動しようと言う。

その頃、チームはカートの家に集まっていて、パターソンにメールすると
リッチと食事中だと返信がきたが、普段使わない上の名前で書いていたので
何かあったと気付く。

リッチはキャシーに協力するフリをしてハッキングをすると、ロウイは
妻と休暇で自家用機に乗ってるので墜落するように命じられた。
キャシーはロウイの脱線事故で弟を亡くしていて、FBIに情報を渡したのに
動かなかったと復讐しようとしていた。

殺人だと反対するパターソンは拘束され、リッチは従うフリをして
自家用機が墜落したように見せかけるがバレて、ビンで殴られて気絶する。
チームはキャシーの居場所を突き止めるが、ジェーンたちが乗った車は
ハッキングされて、間一髪で激突を逃れた。

キャシーは隠れ家に火を付けようとするがそこにチームが到着して救出された。
キャシーは仲間の名前を言わなかったが、みんなはパターソンとリッチが
仲間だと気付いたが見逃してくれた。

ロマンはジェーンに電話して、姉貴は裏切った。傷を負わせてやると言うと、
ジェーンは十分傷ついてると言うが“傷”の意味をわかってない。
思い知らせてやる。苦しむ姿を楽しませてもらうと告げた。

パターソンはスチュワートの事件を調べていた。
スチュワートはギンガ社のAIスピーカーを持ってたのに押収品になかったので
メーカーは録音データを持ってるので、リードとザパタは提出するように要求。

パターソンがギンガのデータを調べると編集されているとわかり、
そんなことをできるのは上層部で、スチュワートが解読しようとしていた
タトゥーを解読すると、ゴッホの有名な自画像の元所有者たちのリストだった。

スチュワートのギンガのデーターを編集したのはキンガ幹部の女性で
命じてたのは片耳がない男だった。

ブラインドスポット 1stシーズン 後半セット(13~23話/3枚組) [DVD] -

ブラインドスポット 1stシーズン 後半セット


posted by Jasmine at 21:47 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ