2018年04月01日

シカゴ・ファイア シーズン4 #21

ケイシーは消防士と議員活動でドーソンとゆっくり過ごす時間がなかったが
関係は上手くいっていた。
アパート火災が発生し、燃えている最上階にセブライドとクルースが向かうが
フラッシュオーバーが起きて、間一髪で脱出できた。

ハーマンとドーソンは他の階に残っている人がいないか確認していると
腕に注射針を刺した女性が倒れていたのでハーマンが外に運んだ。
ドーソンは部屋にいた幼い男の子を発見して救出したが男の子はドーソンから
離れようとしないので一緒に救急車に乗って、シカゴメッドに行くことに。

児童福祉局の女性から救助した男の子はルイで里親に育てられていたが、
隣人の通報で調べようとしていたので里親に戻せないと施設に行くことに。

セブライドはボーデンから脱出が遅れた原因を聞かれて、人だと思ったら
ダース・ベイダーの半身像で最新式のマスクがあれば避けられたと言うが、
本部から予算がないと却下されたのでセブライドが理由を聞きに行くと
ケイシーに説明してもらえと言われる。

ケイシーから消防と警察に割り当てられた予算のうち残った額が
政治資金に流れるので圧力があったと説明されるが、ケイシーが動いて
最新式マスクが支給されて良かったけど、あとで何かないといいけど。

キッドはハーマンにモリーズに友人が改良した大きい透明な氷を作れる
製氷機を買おうと口説き落とした。
大きい透明な氷にお金を取るので儲けられると聞いたハーマンは喜ぶが
製氷機が原因で電気火災が発生し、モリーズがボヤを出してしまう。

怒るハーマンにキッドは自分が責任を持って修繕をすると言い、
手伝いに来たセブライドとキスをしてるし。

クルースはオーチスに血液検査を受けるように言うが聞き入れないので
援軍にオーチスのおばあちゃんを呼び、叱られたオーチスは病院に行く。
検査の結果、免疫性血小板減少症という病気で血が止まりにくくなり、
治療をしないと脳出血もありえるとわかった。

オーチスは血小板が正常に戻るまで仕事を休むことになり、父親を白血病で
亡くしたので病院に行くのが嫌だったみたいで、いつ復帰できるか
わからないので不安だろうな。

ドーソンはルイの里親になると言い出すが、ケイシーは議員との両立で
会う時間もないので無理だと言うが、ドーソンは1人で育てると決めた。
児童福祉局のティナにルイの里親になると言うが申請して承認されるのに
4か月から半年かかるし、現実的に無理だと言われる。

ルイを引き取りたい気持ちはわかるが、ルームメイトと暮らしてるし、
モリーズとのダブルワークや危険な仕事をしていることもあり、
簡単には里親になれないと思うけど。

動画を投稿しようと醤油を一気飲みして倒れて泡を吹いてた学生は
通報が遅れて昏睡状態で助からないようで何でそんなことするのかな。

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX
posted by Jasmine at 22:43 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ