2018年02月18日

シカゴ・ファイア シーズン4 #15

ケイシーは議員に立候補することを決めて、タマラが集会を開いた。
51分署もケイシーの立候補を応援し、候補者名簿に450人の署名を
集めるために協力する。

チリの代わりに毒舌家のロドリー・オーグルが赴任する。
みんなはオーグルが来たことにウンザリしていて、コンビを組むブレットは
チリに続いてまた相棒に恵まれてないみたい。

救助隊は21分署からの要請で出動すると、消防士のマコーミックが訓練中に
転落して、ポールが脚に刺さって意識がなかった。セブライドがポールを
切断してマコーミックは救急車で搬送された。

クルースは一緒に訓練してたリクターが屋上にいたと言うがはしご車の
はしごが屋上まで届いてないことに疑問を持つ。
オーグルがマコーミックはリクターの元妻と付き合っていがみあってたと言う。

セブライドがリクターに報告書のためにはしごの件を確認に行くと、
21分署の大隊長がボーデンに怒鳴り込んできたので、セブライドは事実を
ありのままに報告書に書くことにした。

オーバーン分署の閉鎖ではしご隊の人事が調整されることになる。
職歴の長い消防士が51分署に来ることになり、ジミーは交代要員になる。
ブレットはオーグルにチリも何度電話しても連絡なしでイライラして
署を去るジミーにあなたが来た時から好きだったといきなり告白してるし。

ボーデンはミルズの時のようにジミーを救急隊に入れることを思いつく。
ジミーはさまざまな職務を経験すれば今後のためになると喜んで受け入れた。
ブレットはジミーは救命士になると聞いて、告白は聞かなかったことにしてと。

オーチスはジミーをはしご隊に戻すためにみんなに新入りをいびりを提案するが
やって来たのは女性のステラ・キッドでドーソンが新人の時の仲間だった。
住宅火災が発生し、家にいるボビーを救うために入ろうとする男をキッドは
タックルして止めた。はしご隊が救助に入るとボビーは人間でなく猫だった。

ケイシーはデニー・ブッカーから地域のリーダーを紹介すると教会に行くと
ギャングたちがいた。足を洗ったと言うので話を聞くが、監視カメラの撤去を
頼まれたので他を当たれと去った。

リッチ・コビーンがケイシーを訪ねてきて、市民グループで新しい地元政治家を
探していると寄付をして、グループのリッチなメンバーに紹介してくれたが、
コビーンは再区分で便宜を図ってくれる議員が必要でケイシーが断ると
ベックスを支援するまでと言われた。

リクターの元妻がセブライドに報告書のせいで元夫が停職か解雇になると
訂正するように言うがセブライドは断った。
シカゴメッドに行くと停職になったリクターがいて、マコーミックが落ちた時
はしごにいたが何もしてないと突然バランスを崩したと打ち明ける。

セブライドはリクターとコナーに会いに行き、部下が同じような倒れ方をして
爆発で耳をやられたせいだったと言うと、コナーはCTスキャンで調べてくれて、
マコーミックの大動脈に血栓が見つかり、それで脳に酸素がいかなくて
転落したことがわかり、手術を受けて成功した。

セブライドのおかげでマコーミックは命を救われ、リクターは疑いが晴れたが
嘘を言ったことで1か月の停職になった。
セブライドとキッドは過去に寝た仲らしく、消防士にまで手を出してたとはね。

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX


posted by Jasmine at 15:53 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ