2018年02月04日

シカゴ・ファイア シーズン4 #13

マウチとプラットがアントニオのジムで51分署VS21分署のボクシング大会を主催。
入場料に50ドルも取るの?と思ったら、どうやら結婚式の費用にするみたい。
51分署からジミーが出ることになり、ハーマンはトレーナーになると話してると
ソルジャー・フィールドで火災発生の通報が入った。

紫色の煙が発生してたが出火している様子はなく、軍用レベルの発煙弾が
原因だとわかった。国土安全保障省のウォードたちもやってきて、
ボーデンたちは何が起こってると聞いたが答えてくれなかった。

チリは二日酔いで現場でも不機嫌だった。
ブレットは病院でチリの元同僚に話しかけられ、チリは3人も相棒が変わり
署から追い出されたと聞かされる。

ブレットはチリに署を追い出されたのはお酒のせいかと聞くと余計なお世話と
チリはボーデンに相棒を変えてほしいと言い、ボーデンが3人で話し合おう
と言うと、ハッチャーに連絡すると脅してきた。

ボーデンはブレットにチリが相棒を変えてほしいと言ってることを話すと
チリが前の署を追い出されたことを知ったからだと話す。
そして、ブレットとチリはケンカになった。

街はパトカーが走り回っていて、爆破予告が続いていた。
署にウォードや国土安全保障省のスティーブン・グライムスに市警も来て
ここ24時間でテロの脅威が非常に高まって、爆破予告は攻撃に備えて
故意に消防や警察の分散を図ってると警戒を頼まれる。

ケイシーはドーソンに寄付金を自分のものにした議員のベックスを
アントニオに調べてもらえないかと言うが反対されたのでベックスに会い
寄付しないとマスコミに話すようにほのめかした。
ケイシーはベックス議員に食事に誘われて行くと、ベックスはケイシーを
買収しようとした。

ボーデンはハッチャーを訪ねて、チリが追い出されたことを言うと
51分署は結束が固いと評判だから彼女に必要な環境だと言う。
チリはボーデンがツーストライクだと警告したことを組合に訴えたらしく、
ハッチャーはバカげてるが組合は闘わざるをえないので要求を聞き入れろと。

ボーデンとハッチャーはチリとブレットに組合代表のマウチで話し合い、
チリに誰も追い出さないし、俺を敵とみなすか最後のチャンスを与える
味方とみなすのかどちらでも構わんと告げる。

ジミーはハーマンの指導でボクシングの練習は始めたがドーソンは
ボクシング経験者で、ハーマンが手本を見せてやるとリングに上がるが
ドーソンにダウンさせられてるし。

爆発予告で住民が避難する騒動が起こる中、火災報知器の作動で出動し、
ケイシーたちとブレットとチリが建物に入ると、外で待機していた
セブライドは屋上にいる男に気付き、建物から出てきた人を撃ち始めた。

ボーデンはケイシーたちに無線で外に出るなと言い、ケイシーは
はしご隊やブレットたちに安全な場所に隠れろと言う。
男の仲間が発砲しながら歩き、ケイシーはオーチスに安全な場所を
見つけたと言われ、残ってた人たちと隠れるがブレットとチリは
隠れる場所がなかった。

セブライドは犯人に見つからないように市民を救助していたが見つかり、
ウォードが犯人を射殺して助かったがウォードは肩を撃たれて負傷する。
ケイシーは犯人が火をつけたので市民たちにあなた方を1人にしない、
一緒に生き抜くんですと励まし、犯人の隙をついて全員で脱出した。

ブレットとチリは部屋に来た犯人に見つからずに済んだが撃たれた市民を
助けようと手当してると犯人に見つかってしまう。
もうダメと思ったら犯人はSWATに射殺されて、ブレットたちは助かった。

チリはブレットに泣きながら助けが必要なのとあんたが無事でよかった。
本当にごめんと謝った。
セブライドはウォードの病室に見舞いに行くと、副長官たちがいて、
マイアミに異動を命じられていて、セブライドともこれで終わりみたい。

マウチとプラットはボクシングの試合のお金は今回の被害者に
寄付したいとみんなに伝えた。

シカゴ・ファイア バリューパック [DVD] -

シカゴ・ファイア バリューパック

posted by Jasmine at 15:24 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ