2018年01月21日

シカゴ・ファイア シーズン4 #11

退院したハーマンが51分署に復帰する。
みんなは大喜びで出迎えるが、クルースはまだ責任を感じていた。

南部で竜巻が発生し、シカゴにも竜巻が起こる可能性があると
ボーデンはケイシーとセブライドにそれに備えるように指示する。
シカゴに竜巻警報が発令されて、出動以外は外出禁止になるが、
ジミーは食料の買い出しに行ってないとはダメだな。

チリはジミーに小隊長に言われて別れるなんてと不満をぶつける。
女性が倒れたとの通報でチリたちは出動すると街には人影ひとつなく、
店で働く女性が痙攣を起こして倒れていて、チリは間違えてモルヒネを
注射して、女性の息が止まってしまった。

間違いを指摘されたチリは動けず、ブレットが薬を投与して意識が戻る。
女性を病院に搬送し、在庫補充を頼んだ時にモルヒネの使用記録がないと
言われると、チリは薬剤を取る時に間違って落としたと嘘をついた。

ハーマンはシンディに子供たちに地下でピクニックすると言って、
地下で避難するように指示する。
そして、ハーマンの自宅近くで竜巻が発生した。

現場に出動すると建物が破壊されて、金属が刺さった男性が死亡していた。
少年ルーカスがケイシーに両親が家にいて母親は妊娠中と助けを求めるが、
学校から自転車で帰ってきたと言うルーカスの背中にガラスが刺さってた。

地下室にいた住民たちの救出をすると、別の家で火災が発生する。
火災の家はルーカスの家でケイシーはハーマンと救助に向かって、
クローゼットに隠れていた両親を助け出した。

ハーマンはシンディと連絡が取れずに心配してた。
ケイシーは任務が終わると消防車でハーマンの家に行くと家は無事で
ハーマンは家族の無事を確認できて良かった。

竜巻警報が解除されると、国土安全保障省のアレックス・ウォードが
ボーデンを訪ねてきて、今日出動した場所の近くの住宅を調べていて、
安全確認の名目で誰かを送り込み、建物に入れないかと頼まれる。
セブライドが捜査官とその建物に行き、安全確認としてドアを蹴破り
中を調べると、爆弾を製造しているとわかった。

ケイシーはシカゴメッドでチョイからルーカスの容体を聞くとルーカスは
無事だったが頭をケガしていた父親は硬膜下血腫で亡くなったと聞く。
これから子供が産まれるのに父親を亡くすなんてツラいな。

オーチスはいつも“いい人”止まりで女の子は別の男を選ぶと
ドーソンに相談すると、自分を変えるように言われて協力を頼み、
ヒゲを剃るように言われ、ついに剃るとは頑張ったね。

クルースはフレディに面会に行き、お前は俺と同じじゃない。
チャンスをやったのにあんなことに。俺のせいで!と自分に怒ると
フレディはそうじゃない。悪いのは俺だ。俺が台無しにした。
あんたは助けようとしたのにと謝った。

ブレットはチリのことをドーソンに相談する。
ドーソンは新人の頃にミスをした話をして、ミスを真剣に受け止めないと
いつか大事故になると言われ、ブレットはチリと話をしようとするが
チリは話そうとしないのでブレットはボーデンに報告した。

ドーソンはチリのことが心配だとアントニオに話すと、アントニオから
チリの妹がカンザスシティの安宿で遺体で発見されたと言われた。
妹が亡くなったことでチリの言動が変だったんだ。

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 16:11 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ