2017年12月16日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #6

半年後、エリック・ブラントの公判が始まった。
検察官シレッティはブラントが被害者シンディとお腹の子を殺害したと
証拠を提示して証明し、ダニエルズはブラントが犯人だと言う証拠を潰し、
無罪を勝ち取ろうとしていた。

テリーはヒルディとバーで法廷での証言の練習をしていると酔っ払いが
カップルに絡んでたので、注意してバッジを見せたらいいのに
テリーは彼らを殴ってしまう。意外にカッとなりやすいみたい。

テリーは法廷でシンディの自宅からブラントとの親密な写真を見つけたこと、
ナイヤース殺人事件でウソをついたことやシンディとは寝たこともないし、
事件の夜は会ってないとウソをついたと証言する。

検視官はシンディが階段からの転落で首が折れたのではなく、他者が首を折り
死亡時刻は胃の内容物の消化具合や室温と死斑の状態から夜8時半〜9時と証言。
ダニエルズはシンディは複数の薬を服用してたので酩酊状態だったことや
犯行時刻が夜8時30分だと断定できないと反論する。

ギブスはブラントがシンディのお腹の子の父親で口内に残された精液の
持ち主で死の15分前に口内に射精したと証言する。
ダニエルズはギブスに精液の分析が専門で精液に特別な興味がおありで?
と質問すると法廷に小さな笑いが起きるが、ギブスはにこやかにもともとは
生物学者でDNAを専門にしてきて、私にとって精液は体液の1つにすぎませんと
死の15分前だと言う結果を覆せなかった。

ヒルディは元夫マイクから2年断酒したコインを見せられ、彼は未練がありそう。
マイクは回復のステップ9でテリーを殴った償いをするために会うが、
テリーはお互いに酔ってのことなので気にしてなかった。
マイクはヒルディとテリーの仲を疑ってたらしい。

テリーはマイクから謝罪を受け、ヒルディからすぐ殴ることを指摘されたので、
ナイヤース殺害で服役しているクリス・ウォルトンと面会して謝罪するが、
やっぱりウォルトンはナイヤースを殺してなく、真犯人を探してくれと。

操縦士のビルはハーツバーグと共に妻バーバラと弁護士と話し合いをする。
バーバラは財産分与を要求するが、ビルには財産はなく、夫の不倫は
シンディ殺しの動機になるので証人として呼ばれると言われ、離婚は先送りして
別居することになるが、バーバラが殴って来たのでビルは殴り返してしまう。
ビルも何か怪しい感じがするけど。

裁判でヒルディの夫マークが証言台に立ち、ダニエルズから事件当時に
ブラントに脅しの電話をかけていたことや犯行時刻のアリバイを追求され、
マークは犯行時刻に一緒にいた女性の名前を覚えてないと答えた。

シレッティはマークのアリバイを証言したサリーを法廷に呼んだが、
裁判に影響する事態が発生して休廷となってしまう。
ヒルディとテリーが現場に行くと、マークが薬物の過剰摂取で死んでいて、
PCにシンディを殺したと遺書を残していた。

いきなり半年後に飛んだが、ヒルディとテリーは相棒のままだった。
サリーが証言する前にマークが死んだら、彼が犯人にされてしまうかも。
ブラントが犯人とは思えないんだけど。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
【MURDER IN THE FIRST(終)の最新記事】
posted by Jasmine at 22:06 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ