2017年11月24日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #3

ヒルディはラボのギブスに電話すると、シンディから採取したDNA鑑定がまだ
と言われて電話を切り、妊婦の犠牲者なので会って文句を言いたいと言うと、
テリーはラボに行ってみようと行くと、ギブスはヒルディには冷たかったが
父子鑑定は終えたとテリーには好意的で胎児の父親はブラントだと判明。

ブラントは警察に行ったことで弁護士ダニエルズを雇う必要が出てきたので
依頼料100万ドルに公判の際は前金200万ドル“殺したかどうか言わないこと”
“事件のことは私だけに話し発言はすべて私を通す”“決してウソをつかない”
の3つのルールを守る約束して契約した。

ヒルディはウォルトン逮捕に協力した少年Dポップから母親が再婚相手から
DVを受けてると相談され、DV課に話したら僕は施設に入れられて、
ママが1人になると言われて名刺を渡した。
ヒルディはDポップの母親に会いに行くが拒絶されて、名刺を渡して帰る。

プライベートジェットの副操縦士スタンからシンディは操縦士ビルと
関係を持って、ビルは彼女に溺れてたが妻の元に戻ったことを聞く。
ビルもシンディとの関係を認めたが、妻を愛してると事件への関与を否定する。

モルクはママ友のハンナから情報提供があると、シンディ事件の犯人は
ブラントだと思うと彼の会社で働いていた時にレイプされたと、薬を盛られて
首を絞められて殺されかけたと。提訴したけど誰にも知られたくなくて
取り下げて示談にしたがお金を受け取ったこと後悔してる闘うべきで
シンディが殺されて責任を感じてると示談で負った守秘義務は破れないと言うと
モルクは情報の出どころを隠しと通せないと告げた。
後日、ハンナが殺人課にやって来て、事件のために何でも協力すると申し出た。

バーンサイド検視官からシンディから妊娠中なのにMDMAが検出されて、
死亡推定時刻は夜8から12時だが公式に使えない計算法で8時半だと聞く。
シンディは夜9時にビルにメールを送信してたがアプリを使えば送信可能だった。

テリーは麻薬課のカールソンから捕まえた売人からブラントの話を聞けると聞き、
売人ミラン・ガンを聴取するとブラントにMDMAを売ったことやブラントが
イスラエルの格闘術クラヴマガの黒帯だと話した。

テリーは部屋探しをしているがここだと思える物件に出会えなかったが、
ついに素敵なボートハウスと巡り合ったが、不動産業者の女性は夕食の席で
契約を提案するがテリーにまだその気がないとわかり新しい友達だと思ってと。
テリーはシングルになりモテモテですね。

一方のヒルディはデート中にDポップから電話を受けて、ドアを開けておいてと
自宅に駆けつけるが、応援がまだ到着せずに先に警察だと膝をつくように言うと
男が包丁を持って出ていけと向かってきたので射殺した。

ヒルディは調査が終わるまで10日間自宅待機することに。
事件が新聞の一面になり、ヒルディは娘ルイーズにママのことで何か言われるかも
と言うと“何も話せない”と言うと小学校に行った。

ギブスからシンディが死亡前に相手したのはブラントだと鑑定結果が出たと。
ブラントのアリバイを証明した部下は彼と寝ていて、アリバイも怪しい。
野心的な女性検事ぺレスは殺人課のボスのコトー警部補と関係があり、
コトーは君にとって有利になるなら令状なしでブラントを逮捕するとキスをした。

そして、クラヴマガのジムにいたブラントをシンディ殺害容疑で逮捕した。
世界最年少の億万長者が逮捕されたことでマスコミは大騒ぎでヒルディは
テレビで逮捕を知るなんて悔しいだろうな。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
【MURDER IN THE FIRST(終)の最新記事】
posted by Jasmine at 00:16 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ