2017年11月19日

シカゴ・ファイア シーズン4 #3

ボーデンはダイナーにケイシー、セブライド、パターソンを呼び出すが、
パターソンは管理職だけの席にセブライドがいることに不満そう。
ボーデンは24番通りの火災の件には関わらず、職務に専念しろと告げた。
店には他の隊も来ていて、彼らはボーデンたちにおごってくれて、
みんな応援してくれているみたい。

24番通りから出動要請が入るが、今回は道を塞がれてなかった。
引越しの荷物を降ろしていてケーブルが切れて、夫の脚が挟まっていた。
夫は意識を失っていて危険な状態で、スコップで掘って隙間から
エアマットを入れて脚を抜こうとすると、チリは挫滅症候群で
圧迫を解くと心停止すると脚を切断するしかないと言う。

シカゴメッドからウィルがやって来た。
ウィルは家族の同意がいると言い、ケイシーは妻トリシアに説明して
同意を得ると、ウィルが脚を切断して病院に搬送した。

51分署にトリシアがやってきて、夫はもう心配ないと24番通りの火災で
助けになれると、息子が携帯で撮った住民が道を塞いで騒いている
動画を見せてくれて、近隣住民は放火していないと否定する。

それを聞いたドーソンは火災を調べ直していると、セブライドの部屋に
お泊りしたジェイミーから所有者のロジャー・マドックスのことを聞く。
開発業者のマドックスを調べると過去の放火物件を購入し、すべて地価が
急上昇していたことから動機を発見し、ダフィとスージーに報告するが
殺人事件として立件するにはもっと裏付けが必要と言われてしまう。

ジミーはケイシーにしごかれても根を上げず、ケイシーも彼に期待していた。
ところがジミーは兄ダニーから51分署は終わりだと、67分署に異動させると
それまでおとなしく無事でいろと言われる。

エレベーターが停止し、親子3人が閉じ込められる事故が発生。
25階で停止し、30階まで降り場がないので、30階から救助しようとするが
切れたケーブルがハッチを塞がれていて、閉じ込められた娘が喘息を
起こしたが吸入器がないと救助を待っていた。

別のエレベーターを横付けして、2基の間に板と手すりの代わりの棒を渡して
歩いて移動する危険な方法しかなく、母親、娘を抱えたケイシーと渡り、
最後は手すりなしで父親が渡り、無事に救助することができた。
ジミーはケイシーの見事な救出劇を見て、兄に異動しないで残ると告げた。

ブレットはボーデンから救助した赤ちゃんに会いに行ってることを注意される。
それでも会いに行き、シカゴ・メッドのチャールズに赤ちゃんのことを話すと
チャールズから母親は身寄りがなく、恋人を追いかけてシカゴに来たことを聞く。
シカゴP.Dのローマンに父親の居場所調べてもらったブレットは父親デイモンに
息子が名前もないままで病院で元気にしていると話す。

デイモンは感心がなさそうだったが、ブレットが赤ちゃんに会いに行くと
赤ちゃんを抱っこしていて、アレックスと名付けられた。
ボーデンとチャールズが手を組んでたのかな?

ボーデンはドーソンから放火事件をダフィが捜査しないことを聞いて、
サンタイムズ紙にリークする。
マドックスは記者会見を開き、隣には弁護士のジェイミーがいた。
ジェイミーは事務所を解雇されそうだったので、マドックスの件を知り、
事務所に残るために動いていて、セブライドとは終わりかな。

リドル地区次長に呼ばれたボーデンは24番通りの火災は解決したが、
放火事件のことで証拠があるならすぐに出せと言われたので、
ドーソンから資料をもらおうとするが、ファイルや資料が消えていた。
そして、ドーソンは突然腹痛を訴えた。ドーソンは大丈夫かな?

シカゴ・ファイア シーズン3 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン3
posted by Jasmine at 21:38 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ