2017年10月18日

クワンティコ シーズン2 #4

現在、人質のうち112人は地下に連れて行かれていた。
レイナだけ別の部屋に連れて行かれるのをアレックスは見守っていた。
その頃、FBIではシェルビーがAICが関与していることを説明していると
テロリストはレイナを使って、1667人の人質を引き渡せるようにする。
条件はハッカーのエリック・ボイヤーとの交換だと伝えてきた。

1年前、ファームから13キロのFBIの面会場所。
ファームで見つかった盗聴器がCIAの物でオーウェンの仕業かもしれない。
ミランダはマシューに中止を提案するが、マシューはベルリンの諜報員
シルヴィア・エリックがロシアに機密を売ってる疑いで証拠固め中に
ファームで教わる技術で仕組まれた自殺で死んだので反対する。

ファームではセバスチャンが中国語で電話して、ダイアナも裁判の件で
証人が証言を撤回したと弁護士資格を失うと電話していた。
ライアンに司法省からオコナーの遺言で私書箱の鍵が届いた。
殺人ボードの順位でアレックスは2つ下がって最下位になり納得できない。

アレックスたちは平静を保つための感情コントロールの訓練をすることに。
ストレスを測定する監視装置を付けて、CIA本部で熟練諜報員たちと会うが、
監視装置のデータはオーウェンの携帯に転送されるので、アレックスは
マシューから装置を受け取り、オーウェンの携帯からデータを収集する。

レオンは前に取材のために刑務所に入ったとアレックスに語っていてが、
オーウェンから脱獄事件があり、アナヤが逃亡したと聞いて動揺する。
これは訓練のためのデマだったが、やっぱり刑務所内で何かあったみたい。
セバスチャンは自殺した過去があり、ハリーは彼もゲイだと思っているが
認めようとはしなかった。

ライアンに私書箱の鍵が届いたことやアレックスが最下位だったのも
ストレスを与えるためのウソだった。
入手したデータをチェックすると、盗聴器を仕掛けたのはリーと判明。

現在、アレックスは見張りと交代して、レイナと接触することに成功。
ボイヤーを渡せば事態は悪化すると1700人の人質は敵の弱点で
ストレスになるので、ボイヤーは渡さないことにする。

一方、FBIではミランダは引き渡しに賛成するが、シェルビーは反対し、
ポールはミランダに押し切られて賛成する。
ミランダはボイヤーを捕まえると、ヤツらの代表の1人だと脅して同意させた。
連行される時、ボイヤーはシェルビーに2012年に君の会社にハッキングしたが、
個人メールは読んでないが、僕の引き渡し後に確認してと言われた。

レイナはライアンがいないので、アレックスに頼るように言われた
リディアに人質交換の話をするが、リディアは人質交換に賛成だった。

ボイヤーと人質の交換が始まり、人質10人解放でボイヤーが1歩前に出るが、
1270人まで来た時、通訳のレイナはボイヤーといるミランダと近づいたので、
“まるでボイヤー室みたい”と中止の暗号を言うが、ミランダはわからないと、
ボイヤーを渡そうとしたので、高所から見ていたアレックスは止めるために
銃を乱射するが、テロリストはボイヤーを連れ去ってしまう。

シェルビーはボイヤーに言われた2012年のメールをチェックすると、
“ボイヤーより 件名ミランダ”のメールを開くと“彼女は犯人の一味だ”
と書かれていて驚く。

その頃、ボイヤーは仕事をさせられていて、これはやり過ぎだ言うと、
監視の銃を奪って頭を打ち抜いた。
レイナはリディアにミランダに伝えたのにやめなかった。アレックスの
安否も不明だと話す。テロリストたちはアレックスを必死で探していた。

ミランダはテロに加担しているが、本気か任務なのかは不明。
気になったのは現在にライアンが出てなくて、テロの仲間でないといいけど。

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2 [DVD] -

クワンティコ/FBIアカデミーの真実 シーズン1 コレクターズ BOX Part2
posted by Jasmine at 00:51 | Comment(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ