2017年08月22日

シカゴ・ファイア シーズン3 #14

シカゴの過酷な冬がやって来た。
その影響でサーバーがダメになり、911は機能停止となっていた。
51分署では救急車のエンジンが凍結し、車両担当は手一杯なので
キャップが修理していた。

みんなは機材の防護や凍結防止の準備を行い、ドーソンは署の前で
段ボールに入れられた赤ちゃんを発見する。
赤ちゃんは元気だったが、病院に連れて行きたくても救急車が動かず、
ミルズとフレッドも協力してエンジンがかかったが、胸の痛みを訴えてると
無線が入ったので、ミルズとフレッドはそちらを優先して出動。

署に赤ちゃんの母親だというトニー・ジェサップがやって来た。
父親のマイルスが自分の子じゃないと赤ちゃんを署の前に置いたと言う。
ブランケットの色や靴下が左右違うことを知ってたので母親だと思うが、
児童福祉局の承認がいるので証明書を持って出直すように言う。

セブライドはカニンガムからの電話を無視してると彼女が署にやってきた。
パソコンサーバーのショートで発火して天井が焼き落ち、小隊が全滅寸前で
消化センターも発動せず、誰かが燃やしたい何かがあったのかもしれないが、
報告期限が近いのに何もわからないとセブライドに協力を求めた。

セブライドは資料を見て、サーバーを燃やしてもデータはクラウド上にあり、
一番焼け焦げてるのは火元の床付近ではなく天井で、犯人は上階の床に
燃焼促進剤を使い、棚の帳簿を燃やしたくて、IT技術者を買収して
サーバー室に侵入したと推測する。
カニンガムはセブライドの能力を評価し、火災調査室に誘ったけど断った。

ミルズとブレットが現場に到着すると、虫をとってくれと錯乱している
クリスがいて、彼女のシリアと一緒にクスリをやったと言うので、
ブレットは1人でシリアを捜しに建物に入っていく。

ブレットはシリアを捜すが見つかず、無線も繋がらないし携帯も圏外で
中にいたホームレスが女の子に襲われたとケガをしてたので、
外の救急車で手当てしてもらうように言う。

小児科医に赤ちゃんを診察してもらうと、早産児でICUにいたと言われる。
トニーが書類を持って現れたので、ドーソンは安産で健康だと言ったので
怪しいと思ったら、トニーは銃を出して、赤ちゃんを渡すように要求する。
そこにボーデンや現場から戻ったケイシーたちも来たのでトニーは逃げた。

クリスの手当てをするミルズは無線でブレットに呼びかけるが応答がなく、
ホームレスが来たので中で待つように言うとブレットを捜しに建物に入る。
ブレットはシリアを見つけて説得していると、シリアが足を踏み外して
転落しそうになるのをブレットが捕まえていると、ミルズがやって来た。

51分署ではクルースがブレットたちが戻らないので心配して連絡すると、
ホームレスが無線に出たので、ケイシーたちは出動する。
シリアは鉄筋が刺さっていて暴れるので救出できず、ブレットが落ち着かせ、
セブライドが鉄筋を切って、無事に救出できた。

トニーは警察に捕まり、精神を病んでいて、前にも同じことをしていた。
ドーソンは病院で赤ちゃんの両親が来るのを待ち、娘と再会できて
喜ぶ両親を確認して帰った。

ボーデンは父親に新しい研究治療を勧めるが父親は拒否した。
父親の望み通りにモリーズでハワイアンパーティが開かれていた。
ケイシーはパーティで知り合った女性をお持ち帰り。
セブライドもシェイの事件が解決し、シェイとの思い出の映像を見て
笑えるようになって良かった。

ボーデンの父親も大喜びでパーティを楽しんで帰宅すると、テレンスが
泣いたのでボーデンがあやしに行って戻ると、父親は亡くなっていた。
最後に息子と楽しい思い出を作り、苦しまずに亡くなったのが救いかな。

シカゴ・ファイア シーズン2 DVD-BOX -

シカゴ・ファイア シーズン2
posted by Jasmine at 00:26 | Comment(0) | シカゴ・ファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ