2017年08月20日

ブラインドスポット シーズン2 #20

前回、ザパタが逮捕されたのは潜入捜査で刑務所に入るためだった。
サンドストームの仲介役が持っていた文書にデヴォン・ペンバーシーの名前があり、
刑務所にいるデヴォンからサンドストームの情報を入手しようとしていた。

ザパタは受刑者のリズに絡まれてるデヴォンを助けるが、恨みを買って
寝床を燃やされる。
デヴォンから射撃場で働いていて彼氏と出会ったと聞いて、パターソンが調べると
持ち主はウェス・ハートリーでデヴォンは武器の移送で逮捕されていた。

ロマンはジェーンがカートにエマを殺したことをいつ言うつもりだと聞く。
やっとジェーンがエマのことを話し、黙ってたことでカートは激怒する。

カートはパターソンが帰宅せずにラボで作業していることに気づいて、
ドクター・サンと話すように命令する。
パターソンは新人がシステムOSの更新をして使えなかったことで激怒する。

ハートリーを聴取し、デヴォンの写真を見せるとステラだと言い、最後に会ったのは
約6年前でステラは男ができて引っ越すと言って辞めたと、男の名前は知らなかったが
顔を覚えていて、写真からシェパードの側近パーカーだと判明。

デヴォンがリズに刺されてしまい、ザパタはデヴォンと脱走すると連絡してきた。
ザパタは持ち込んだ携帯をスタンガンに改造し、看守を倒すと医療室にいる
デヴォンに脱走を持ち掛けた。

FBIから遠隔操作はできないので、カートが刑務所に修理に入り、配線を切って
停電を起こし、予備の発電機が動くまでにザパタたちは脱走するはずが、
リズたちに見つかって争いになる。
ジェーンは予備の発電機を撃って破壊し、ザパタとデヴォンは脱走に成功した。

デヴォンはパーカーに脱走したがケガをしてると電話して、レニーズ・デリに
迎えに行くと言われ、今から向かう車はスクラップにと言うと電話を切った。
ザパタたちがスクラップ工場に着くと、スクラップは盗聴を心配した暗号で
デリに行くのはウソでパーカーがやって来たことでザパタの正体がバレた。
パーカーはカートを始末するためにザパタを使って誘き出すことに。

ジェーンとカートが到着した時はザパタが連れ去られた後だった。
パターソンはザパタが持ってる携帯を遠隔操作で電源を入れようとするが、
システム更新の影響でクラッシュしたのでキレて新人に掴みかかる。

ブロンクスの廃工場で携帯の電源をキャッチしたので向かうと、ザパタは
圧で作動する仕掛けがある爆弾の上に座らされていた。
パーカーとデヴォンはカートを狙って撃ってくるが、ジェーンと応援部隊が
応戦している間にカートは近くにあった冷蔵庫を代わりに置いてザパタを救出し、
パーカーとデヴォンも確保した。

パーカーを取り調べるが何も言わない。
ロマンは料理中にナイフで指を切ってしまい、ジェーンが手当てしていると、
ジェーンに薬を注射されて記憶を消されたことを思い出した。
キレたロマンはナイフでジェーンに襲い掛かった。

エマのこともそうだけど、記憶を消したことも隠さないほうが良かったのに。
ロマンは落ち着いたと思ったのに逆戻りになりそう。

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD] -

ブラインドスポット〈ファースト・シーズン〉
posted by Jasmine at 21:15 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
海外ドラマDiary TOPへ