2016年11月29日

MR.ROBOT/ミスター・ロボット シーズン1 #6

エリオットはダイナーでシェイラと話をする。
シャイラは現実とは思えないと言い、これはエリオットの幻覚かと思ったら、
エリオットが必ず助け出すと言うと、隣のテーブルにいた男が時間切れだと
シェイラを連れて行き、別の男にエリオットは奥に連れて行かれて、
電話を取ると相手はベラで命を狙われてるので今夜、脱獄させろと要求される。

エリオットはベラの弟アイザックと手下と共に部屋に戻る。
刑務所のシステムを乗っ取れば監房の扉は開けられるがリサーチが必要で
ダーリーンの協力で刑務官にUSBを拾わせて、刑務所のPCで使用させたが、
マルウェアをブロックとセキュリティソフトが作動したので、
刑務官が慌ててPCを切ったことで、エリオットは侵入できなかった。

エリオットは犬の散歩に行くと部屋を出て、ダーリーンと会ってると、
手下に見つかって、ダーリーンもエリオットの部屋に連れて行かれた。

アンジェラは悪魔コープの有毒廃棄物問題の隠ぺいのことを調べて、
当時の弁護団の関係者に連絡して、ナイヤル弁護士だけが会ってくれた。
ネットで入手した情報では証拠にならないと訴えを証明するには
信頼できる内部告発者だと言われしまう。

アンジェラはエリオットの部屋のベルをしつこく鳴らし続けた。
アイザックはエリオットに追い返しに行かせ、悪魔コープ、アンジェラ、
ベラ、アイザック、ダーリーン、シェイラと抱えきれないと判断し、
アンジェラに自分を信じて正しいと思うことをしろと助言して、
部屋に戻ろうとすると階段にMR.ROBOTがいた。

MR.ROBOTは警察を呼ぼうと言うが、シェイラが殺されてしまうと反対すると、
“どっちみちお前に勝ち目はない。失敗したらお前とシェイラは死ぬ運命で
成功してベラを脱獄させても、お前とシェイラとダーリーンは殺される。
どちらにしろベラが勝つんだ”と言われるがエリオットは“何か方法が
あるはずだ、必ず見つけ出す”と言い、“闘争か逃走”の選択を迫られた
エリオットは何かを思いつく。

エリオットはアイザックにベラを出す方法はあるが刑務所に行かないと言い、
4人で刑務所に行くと、1人でベラに面会し、計画を進行中だからできるだけ
長く話してくれ、警備に預けた携帯でスニッファが起動中で無線通信の
情報収集をしてて帰る頃にはネットワークを掌握できると告げた。

ベラはお前が来た夜に脱獄したら誰が疑われる?と言うので、
全部の扉を開けると答えるとベラは大喜び。

エリオットは隣接3州には留まれないが金は必要だから取引はやめられない。
アイザックを探り、彼が部下や取引をすべて握ってたので情報を奪ったので、
俺とシェイラから手を引けと誓え、二度と近づくな。24時間ごとに自動送信する
設定にしてあるので、俺やシェイラに何かあればあんたの金は消えると告げた。

刑務所を出るとエリオットはネットワークをハッキングは無理だと思ったが、
パトカーのブルートゥースがスマホに入ったので利用することを思いついた。
車に戻りアイザックに方法を見つけたと言うと、エリオットだけ車に乗せて、
誰もいない場所に連れて行き、アイザックはエリオットの頭に銃を突きつけた。

エリオットはベラを狙ってるのはアイザックで、アイザックのせいで
ムショに入ったので、脱獄したら逆に殺されることに気付き、ベラは新しい
仲間を集めてるので、勝つには殺すしかないが獄中では無理なので
脱獄させて出てきた時に好きに始末すればいい。生き残るにはそれしか
方法はないと言い、アイザックは銃を下した。

パトカーのブルートゥースに接続し、PLCの弱点を見つける時間稼ぎに
ダーリーンが警官の気を引かせ、作業が完了するとエリオットは
アイザックにダーリーンを残して、車を出させた。

そして、実行する夜9時49分となり、刑務所の明かりがすべて消えて、
次に明かりがついたときに囚人たちが外にできて、ベラも脱獄した。
喜ぶベラはエリオットたちといた手下に撃てと言うと、アイザックは殺された。

ベラはエリオットに“弟の番人”になることを俺は求められた。宇宙からな。
そして俺は“地上の放浪者”となる、勇敢な放浪者。助かったよ。
だが今はアイザックを見ろ。俺の商売が終わった証拠だ。潰したいなら
好きにしろ。俺は消えると迎えの車に乗ろうとしたので、シェイラは?と
尋ねるとエリオットは車のキーを渡された。

エリオットは車のトランクを開けると、シェイラの遺体が乗っていた。
シェイラの遺体とずっと一緒にいたなんてショックだわ。

Mr Robot: Season 2 [DVD] [Import] -

Mr Robot: Season 2
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ