2016年10月04日

クワンティコ シーズン1 #12

2つ目の爆弾テロによって、ケイレブの父クレイトンたち捜査官32人が
殉職して、ケイレブの母ハース上院議員は無事だった。
FBIはテロがイライアスの単独犯行だと断定し、公聴会へと話は飛んで、
アレックスは捜査官に復帰、ミランダは次長、リアムは暫定副長官に出世!

アレックスはイライアスは利用されたとまだ犯人がいると主張し、
多くの市民はアレックスの主張を支持していた。

アカデミー研修も後半戦、1期上の上級生との学内対抗試合が行われる。
勝ったチームが負けたチームから5人を選んで退学させるルールで、
1か月先輩なのでアレックスたちがフリかと思ったが同点となり、
決着をつけるために人質救出訓練をすることに。

アレックスたちは5人の人質を犯人から救出することになるが、
上級生はハッキングして映像をループさせ、人質を犯人に変装させて、
アレックスたちは人質を撃って負けてしまった。

ルール違反だと抗議するが、人質を犯人にすることはあり得るし、
負けは負けと3人が退学になったが、ルール違反をしたことで
上級生も2人退学となり、一触触発となる。

そして、残った両チームを同期にして一緒に訓練を受けることになり、
部屋もルームメイトとしてシェアすることになった。

チャーリーを誘拐したのはイスラム戦線の組織だが犯人の特徴を言わない。
レイナがチャーリーからアンソニー、ノア、ジェイ、デレクの名前を聞き出すが、
ニマには何も話してくれなかったと嘘をついて、彼らに接触した。

シェルビーはサマルにとんでもないことを思い付いたとメッセージを送る。
レストランに来たのはサマルの夫カリットでシェルビーを尾行してた
ケイレブも一緒にカリットからサマルは11年前にシェルビーに頼まれて、
姉役をしてその時に買ってもらったネックレスを毎日していて、ケイレブに
口止め料を要求されて、もうやめようと相手に決心を伝えたら誘拐されたと。
シェルビーは一緒にサマルを捜してほしいと頼まれる。

テロ事件の公聴会でサイモンはイライアスの単独犯だと証言して、
リアムとミランダもイライアスが単独犯だと証言した。

アレックスはシェルビーから不倫が世間に知られたことで責められる。
アンノウンのダンカンが飛び降り自殺したと説得していた警官から
“選択肢がなかった”と伝言を頼まれたと告げられた。

ライアンはアレックスにダンカンが司法取引をして刑務所に行くはずが、
それが嫌で自殺したと告げた。
アレックスは主張を覆して、イライアスが単独犯だと証言したが、
シェルビー、サイモンに無視され、ライアンは真実を言ってないと激怒。

アレックスには市民から裏切り者と電話が次々と入ってくる。
そして、真犯人から電話が入り、指定された場所に1人で向かうと、
爆弾をつけられたナタリーがいた。

アレックスは今までみたいに直感に従うべきだったね。
アカデミーで初めて君を見た時、君の素質に気付いたと言ったので、
やっぱりリアムが犯人だとしか思えない。ライアンだったらショックだし、
上院議員も絡んでる気もしてきた。

Quantico: The Complete First Season [DVD] [Import] -

Quantico: The Complete First Season
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | クワンティコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ