2016年07月23日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン7 #9

DEAのピーターソンはメキシコのリオ・ブラボーで墓を掘り起こし、
頭蓋骨にある弾丸を回収した。
ジェーンはワイリーにピーターソンの監視を頼んでいて、メキシコ行きの
航空券を購入したと連絡が入り、通話記録からサンアントニオの野心的な
ブラット議員と連絡を取ってるとわかった。

アボットの妻リナの商務省次官承認の審議が3日後となり、ピーターソンが
動き始めたとわかり、アボットから連絡を受けたリナが本部にやってきた。
リナは次官は断念すると言うが、アボットはFBIを辞職すると話してると、
そこへ現れたジェーンはどっちが職をあきらめても上手くいかないと告げる。

リナはアボットからジェーンを“悪巧みの名人”であなたには命も預けられる
と聞いてるので解決できるか頼み、ジェーンの作戦を実行することに。
ワイリーが秘密にできなくてチョウに話してしまい、チョウも作戦に参加して、
ジェーンとリズボンの4人で作戦を進めることに。

ピーターソンの趣味はテニスやダイビング、ワインなど金がかかるので、
着服してると推測したジェーンはサーカスのバーソッキをオースティンに
招待して協力を頼んだ。

ジェーンはテニス中のピーターソンに会いに行き、リオ・ブラボーの旅は?
と探りを入れながら、彼の携帯を盗んだ。
ワイリーが携帯を調べるが収賄の形跡はなく、小規模の手入れにも
同行してたので売人を逮捕して、証拠の現金やドラッグを上官が記録するので
ごまかして隠してると推測し、携帯のアプリから自宅は警備は超厳重なので、
ジェーンは金は家にあると。

ヴェガは自分だけのけ者にされてるのにいたたまれず、チョウにボスが
困ってるなら助けたいと言うと、チョウは作戦が失敗したらキャリアは終わり、
法も破ることになると言うが、それでもヴェガは手伝うと言うので、
ピーターソンの尾行を頼む。

ピーターソンはブラット議員の立法担当官ブラマーから連絡入って店で会うと、
リナの承認を阻止しようと明日オフィスでと話してるのをヴェガが聞いていた。
翌日、ピーターソンが家を出て、ブラット議員のオフィスに出かけるのを
ヴェガが尾行をし、その隙にジェーン、リズボン、チョウが家に侵入し、
金を探すが見つからない。

ジェーンは暖炉の上のロウソク立てが気になって動かすと、暖炉の奥にある
隠し金庫が出てきたが、金庫は指紋認証で残り時間は40分しかなかったので、
ジェーンは自前の金を使うとワイリーに電話して、証拠保管室から200万ドルを
持ち出すように頼み、権限のないワイリーはアボットに頼んだ。

ワイリーはヴェガに時間稼ぎを頼み、ヴェガはピーターソンの車に追突したが、
アボットの部下だと気付かれて、ピーターソンは慌てて家に向かった。
その頃、ジェーンはピーターソンの家でのんきにバナナを食べていて、
ワイリーが大金を届けに来て、ピーターソンと入れ違いで家から脱出した。

審議の日にアボットはリナの元に駆けつけて励ました。
アボットはピーターソンに声をかけられ、ブラット議員から証人として
審議に呼ばれていて、証拠を持ってると言われるが、アボットは証拠の件で
私も議員と話したいとスマホにある大金の上に座ってるピーターソンの飼い猫と
銃の写真を見せた。

ピーターソンはアボットを誰もいない部屋に連れて行き、盗聴器がないか確認し、
家に侵入したと怒るが、半分やるから終わりにしようと言うので、いくらです?
と聞くと、約80万ドルと答えた会話をヴェガが録音していた。

アボットが撃った弾を議員が持ってるとピーターソンは開き直ったが、
そこへジェーンが女性を連れてきて、ブラマーだと紹介し、ピーターソンが
会ったブラマーは別人で、バーソッキたちが害虫駆除だと議員の部屋から
スタッフを追い出し、なりすまして弾を受け取るとジェーンがゴミ箱に捨てた。

アボットはこのセリフを言うのを心待ちにしてたとピーターソンを逮捕した。
ピーターソンも余計なことをしなければ、今まで通りにいい暮らしができたのに。

アボットとリナはジェーンたちに感謝して、アボットはリナの承認が決まったので
数ヵ月後にDCに越すので、チョウにチームを任せたいと告げる。
みんなダンスしたりと楽しそうで、感動的なシーンだったけど、
次週の予告ではショックなことが起こりそう。

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2(6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック