2016年02月13日

ナイトシフト シーズン2 #2

TCがナイトシフトに復帰したERに妻を誤って撃った夫が妻を運んできた。
懸命に処置するが患者は死亡し、ジョーダンはTCを心配する。

牧場で高校生が酒とクスリでハメを外して、4輪バギーで警察を振り切ろうとして、
有刺鉄線に突っ込んで、高校生のブライアンは腹部が裂けて小腸に鉄線が刺さり、
テレンスは肩を脱臼していた。
2人は8歳から一緒にアメフトをしていて、大学の奨学金が決まったばかりだった。

TCは鉄線を外すと救急車内で動脈修復して搬送する。
チャベスが執刀することになり、TCもオペに入ろうとするが主導権は俺にあると
忘れないでくれと言われてしまう。

ジョーダンはERに入ってくるなり倒れたミスコンドレスを着たサンドラを担当。
コンテストのためにやせ薬を飲んだと推測して投薬するが改善しなかった。
雑な豊胸手術の痕から出血してると中の物を取り出すと、インプラントではなく、
コカインが洩れて血流に入ってたと判明。

サンドラは助かったが、ジョーダンは警察に通報する義務があるが、
弁護士が必要なら友達に無料弁護を頼むと手を差し伸べたが拒否され、
サンドラは病院から逃げ出そうとする。

テレンスの脱臼した肩を戻したが、頭が痛いと訴えて倒れた。
脳圧が高いが外傷はなく、昼間の試合で頭を打って脳震とうを起こしていて、
事故の衝撃でセカンドインパクト症候群を発症してるとわかった。

ブライアンはオペが成功し、完全に回復するが、テレンスはオペによって、
一命を取り留めたが、アメフトを続けることはできなくなってしまう。
ケニーは全米代表選手だったが背骨を折って、選手生命を絶たれてしまい、
人生が終わったと思ったがリハビリ中に看護師の仕事の素晴らしさを知り、
看護師になってたとは。

ドリューは脚を切断したリックと家にいるのがツラくて、非番なのに出勤し、
秘密の退役軍人の治療をするが、リックが待ってる退役軍人病院の主治医の
紹介状は数か月待ちとわかり、ネットで住所を調べて会いに行こうとするが、
ケニーに諭される。
クリスタの知人がリハビリ施設の職員で予約を取ってもらえた。

クリスタは看護師のケニーと付き合ってるが、チャベスはクリスタに
積極的にアピールしてるし、クリスタはケニーとは本気なのかな?

チーフ代理のトファーは双子を出産した妻が育児に専念できるように
手当が出るチーフを続けたいと思っていて、ジョーダンはチーフには戻らないと
正式にトファーがチーフになることに。

TCは夫に撃たれて亡くなった患者が読書会で読んだ“華麗なるギャッツビー”が
良かったと最後に話したので、バーで本を読んでいたが、これが彼なりの
患者を亡くした時の乗り越え方なのかな?

night.jpg
posted by Jasmine at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトシフト(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ