2016年01月19日

ザ・フォロイング シーズン3 #14

マークに刺されたマイクは病院に搬送され、緊急オペを受けることに。
ライアンは妹を殺されたテオが報復に来ると、事件関係者や家族なども
警護するように命令した。

ライアンは病院に来たグウェンに安全のために自分の部屋に来てほしいと、
断酒会に行ったと、この件が終わったら仕事を辞めると告げたけど、
グウェンは言葉だけでは信用できないと。

デイジーと逃走したテオは、森の中で拳銃を自分のこめかみにあてるが、
思い止まると、イライザの部屋に行き警備を次々と殺ろして主導権を取り、
銃を使える男2人を借りた。

ライアンは市民の力を借りて、テオを追い込むと記者会見を開いて、
テオとデイジーの情報提供を訴える。
マイクのオペは終わったが、医師は深刻な状態でこの12時間がヤマだと、
マックスはテオを捕まえるために捜査に戻る。

テオとデイジーの目撃情報があった建物の防犯カメラの映像を請求したが、
前後の時間だけ撮れてなく、周辺のカメラも同じだったので、テオの仕業と
ライアンとマックスが建物に向かうと、部屋から出てきたイライザと遭遇。

イライザはボスの家で留守番してると、部屋を調べられても堂々として、
ライアンから名刺までもらってるし。

FBIを辞めたメンデスもドーンや子供たちとパニックルーム付きの家で
保護されるが、テオが警護を殺害し、イライザから借りた男がすり替わる。
メンデスは下にいるドーンの返事がないので、子供たちをパニックルームに
入れると銃を持って降りていくと、ドーンが捕まっていた。

メンデスはテオに命じられ、ライアンにテオの資料を見てたら気になる物が
あったので電話じゃ話せないので来てほしいと頼む。
ライアンはマックスとリサに関わりたくないと辞めたメンデスが会いに来いと
電話したきたのはテオに捕まったからと、信用できる捜査官だけで向かった。

イライザはテオに計画変更だと、ライアンを生け捕りにしろと連絡する。
テオはドーンをナイフで刺そうとするが、メンデスは殺したら協力しないと
何とか止めた。

ライアンは1人で行くと、10分経っても連絡がない時は突入しろと指示して、
家に近づくと、襲ってきた偽警備の1人を射殺し、森の中に逃げ込んだ。
ライアンはテオが追ってきたのを確認して家に入り、デイジーを捕まえるが、
テオが察知してメンデスに銃を突きつけて待っていた。

ライアンは銃を捨てると、デイジーはカイルの仇と銃口を向けるが、
テオはメンデスとドーンに子供たちを殺したら自由だと告げる。
ライアンはメンデスに応援が突入すると合図を送り、メンデスはデイジーを
説得するがダメで、ドーンがメンデスをかばって撃たれ、メンデスは
ドーンを連れてパニックルームに逃げ込んだ。

ライアンも逃げたところに応援が突入し、マックスはデイジーを追うと、
デイジーを射殺した。
ライアンはテオを追跡し、テオは車で警戒してた捜査官を撃つと車を奪い、
駆けつけたライアンは救急車を呼んでる後ろにテオがいた。

ついに次回はシーズンエンド、ライアンとテオの戦いに決着がつくが、
ライアンが無事だといいけど。

ザ・フォロイング〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD] -

ザ・フォロイング〈セカンド・シーズン〉
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・フォロイング(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ