2015年12月23日

Major Crimes/重大犯罪課 シーズン3 #18

ついにストローが再登場したが「Revolution」が打ち切りになったので
出演が可能になったのかな?

重警備の中、ストローがシェイファー判事室に移送される。
本人弁護をしてるので、自分が担当した事件の資料を自由に見る権利があり、
リオスは終身刑で取引はしないと死刑判決を望んでいた。

ストローはこれから若い女性3人が悲惨な死を遂げるが、検事局が迅速に動けば
救えると取引条件を追加してきた。
ストローは電気が届いてる廃屋で指紋を失った女性が発見されると言ったとおりに
廃屋の火災で身元不明の女性の焼死体が発見された。

リオスは重犯課に捜査を要請する。
数日中に3人が死ぬと情報提供を提示されたが、自分が選ぶ刑務所に移して、
過去の全犯罪に対する免責を求め、ラスティとの面会を要求したので断ったと。

レイダーは大学からラスティを連れ戻し、SWATのジェイミーとチャドを護衛にして
テイラーはリオスに殺人を防ぐために免責に応じ、軽警備の刑務所に入れて、
ラスティは海外旅行にでもと言うが、ラスティは面会すると言い出した。

被害者の焼け残った衣類の一部とオス記号付きのブレスレットに服のポケットに
燃えたコンドームと現金があり、特捜班と消えた売春婦を捜索することに。

ストローは犯人と連絡を取り合ってると、持ち物を調べるが宗教の本だけで
手がかりはなく、検事局は免責と軽警備の刑務所への移送を決めたので、
ラスティーはストローと判事室でレイダーたちの立ち合いの元で会うが、
ストローは取引を書面にして、ラスティへの質問は2人きりでと要求する。

同様の事件で被害者は拉致現場の近くで遺体で発見されてたので、おとり捜査で
ポン引きを捕まえ、寛大な取引を提示して、2日前からシャイラが戻らないので、
車に乗るなと警告したが、キャットが金色のカトラスに乗ってたと供述した。

ブレスレットはシャイラの物でなく、オス記号が新たに3つの現場で見つかった。
犯行はほぼ2年おきという時間のパターンがあり、2007年以降は拉致現場近くの
電気が来てる空き家での犯行なので、警備部も協力して空き家の捜査をすることに。

ストローの要求通りに重犯課のモニターで監視されてる取調室でラスティと面会し、
供述書に私が与えたいい影響も書いてくれと、証人になって路上生活を脱して、
母親を得て、高校を卒業し、私がいたから大切にされてると言う。

ラスティはウェイドに脅迫状を書かせて俺を殺せと命じたと、誰かの人生を変えたのは
この俺で俺があんたの人生を変えたと言うと、再び互いの人生を変えようと、
パターンは運命だとわかり、運命は矢のごとく終わりに向かうと何の終わりかは
神のみぞ知ると、ストローが持ってる宗教本にヒントがあるのかな?

最初の現場と同じで隣家から電気を引いてる空き家を発見し、空き家からキャットの
遺体を発見し、犯人が戻ってくる可能性があると、クーパーが車を移動させようと
外に出ると電灯がショートして火の手が室内に迫ったので、遺体を担いで裏口から
出ようとすると、バズは壁にオス記号を発見して撮影した。

無事に外に逃げ出したところで終わりとなり、次回シーズンファイナルで
ストロー事件が終わってくれるといいけど。

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈サード・シーズン〉 コンプリート・ボックス (10枚組) [DVD] -

MAJOR CRIMES 〜重大犯罪課 〈サード・シーズン〉

posted by Jasmine at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Major Crimes(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ