2015年12月10日

グレイズ・アナトミー シーズン11 #23

2時間スペシャルの後編。
約1年間を描かれ、それぞれいろいろあった1年でした。

メレディスはビーチで遊ぶゾラを見守りながら、デレクやエリスのことを
思い返していた。

リチャードはキャサリンにひざまづいてプロポーズしようとしたら止められて、
キャサリンはオペ中にベイリーにくだらないと愚痴るが、マギーはその方が
彼の方が気分いいのだろうから、合わせてあげらいいのにと擁護する。

ジャクソンはクリスマスの日に電話が切れてからエイプリルと連絡が取れず、
どこにいるのかもわからずにイライラしていて、アリゾナはエイプリルは
子供を失ったのは脚を失くしたのと同じだと落ち着かせようとするが、
俺も脚を失くしたのと同じだと言い、ジャクソンも苦しんでるだとわかった。

元旦にジョーは熱傷患者のアンとJJの治療に行くと、2人は話をしながら
年越しをして夜更かし、アンはJJが眠っていると思ってたが亡くなっていて、
JJを支えに治療してたアンはショックを受ける。

次の熱傷患者ローラが入ってくると、アンはJJと同じように声をかけて励まし、
アンは苦難を乗り越えて強くなっていくのが嬉しかった。

カリーはダンに義足をつけると彼は歩くことに成功した。
それを見たカリーはデレクがダンの姿を見たら喜んだろうと涙する。

アメリアはリチャードが集会に来ないことを心配し、コーヒーに誘ってくれたのに、
そんな暇があったら患者を救わないとと逆ギレしてみんなの注目を浴びるが、
その中に突然帰国したオーウェンがいた。

オーウェンがデレクの家に行くと、アメリアがオキシコンシンを持っていた。
感情を押し込めるなとオーウェンは諭すと、アメリアは薬をオーウェンに渡し、
号泣するのをオーウェンが受け止めた。

出産が近づくメレディスは突然の腹痛に襲われ、出血してしまう。
ゾラは幼いメレディスと同じように救急車を呼んで、弟ベイリーと病院に
メレディスを運んだ。

そして、メレディスは女の子を出産し、エリスと名付けた。
メレディスは緊急連絡先をアレックスにしていたので、駆けつけたアレックスを
看護師は父親だと勘違いしてるし。

バレンタイン・デー。
デレクが亡くなってからベイリーとベンは脳死した時に延命するかどうかで
意見が対立してたが、ベンはベイリーに判断を任せるとリビングウィルを
プレゼントするが、ベイリーはベンを愛しすぎてるので、できないと言い出し、
プランは立てないことにした。

ロマンティックなプロポーズを嫌っていたキャサリンは病院のロビーを
バラで飾って、生演奏付きでみんなの前でリチャードにプロポーズした。
リチャードはやっと決まったなと答え、みんなは大喜び。

アレックスに付き添われて、メレディスはシアトルの自宅に戻った。
デレクのいないベッドで眠れるようになり、アレックスとマギーとピザを食べたり、
日常生活に戻ったメレディスは病院に復帰する。
メレディスはデレクのオペ帽子を被って、オペを開始する。

グレイズ・アナトミー シーズン2 コンパクト BOX [DVD] -

グレイズ・アナトミー シーズン2 コンパクト
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ