2015年11月17日

CSI:サイバー シーズン1 #1

CSI:科学捜査班のスピンオフが放送開始。
今までの市警の科学捜査とは違い、FBIのサイバー犯罪に焦点があてられる。

女性主任のエイヴリー・ライアン(パトリシア・アークレット)を中心に
元軍人の科学捜査のエキスパートのイライジャ・ムンド(J・ヴァン・ダー・ビーク)、
テクノロジーの天才ダニエル・クラミッツ(チャーリー・クーンツ)、
元ハッカーのブロディ・ネルソン(シャド・モス)、元ハッカーの
レイヴン・ラミレス(ヘイリー・キヨコ)たちが捜査する。

ボルティモアで深夜に寝ていた赤ん坊ケイレブの誘拐事件が発生する。
エイヴリーは上司のサイモン・シフター(ピーター・マクニコル)に直訴して
捜査を引き継ぐ。

現地に向かったメンバーは捜査を開始する。
ケイレブの父親スティーブはベビーモニターから複数の外国語が聞こえたと。
ムンドは近隣の少年が車が立ち去る音と女の声を聞いたことを聞き出し、
誘拐犯は男女2人組と推測。

被害者宅のPCを調べるとウイルス感染でメールからケイレブの情報が洩れ、
母親フランはボート修理店に何度も電話していて、DNA検査で夫は子供の
父親ではないとわかり、浮気相手のボート店に向かうと、赤ちゃんを
あやしてるビルがいたが、赤ちゃんはケイレブではなかった。

フランはビルの子供を出産したが、ビルは子供に会わせてもらえず、
ビルに誘拐犯から7万5000ドルの身代金要求が入り、子供を取り戻したが
別人の子供で捜索願いは出てなかった。

エイヴリーはオムツ交換をしてテープについた指紋を採取し、ビッキーが浮上。
SNSからビッキーの恋人リッキーの存在が判明して2人を逮捕した。
7万5000ドルは見つかったがケイレブがいなくて、何者かが狙撃してきて、
ビッキーとリッキーは射殺された。

ムンドが狙撃犯を射殺したが、指紋が焼かれていて身元がわからない。
狙撃犯が持ってたメモリーカードから赤ちゃんがネットオークションに
かけられてると判明。

そして、2人の子供が誘拐される事件が発生する。
同じベビーモニターが使われてたことで、クラミッツはメーカーに向かうと、
ハッキングの恐れがあるのに何も対応せずに45000台も販売していた。

リッキーは体内に麻薬を入れて運び屋をやってたとわかり、麻薬カルテルが
人身売買に手を出して、リッキーは勝手に子供を転売して消されたとわかる。

オークションを中止させるためにメーカーのシステムをダウンさせたが、
犯人はシステムを戻さないとケイレブを殺すとゲーム中の近隣の少年に
メッセージを送って来た。

その発信元の工場を特定し、突入して犯人グループを捕まえた。
PCには20桁のパスワードがあり、ボスのタトゥーがパスワードだと気付き、
ネルソンがパスワードを解読して、赤ん坊と車の位置情報がわかった。

ケイレブを連れたカップルを追跡するが、車が池に突っ込んでしまい、
モンドが飛び込んで、沈んだ車からケイレブを救出し、エイヴリーが
蘇生を行って、ケイレブは助かった。

エイヴリーはケイレブを両親に送り届け、フランに戻ってきたケイレブを
大勢の人が抱きしめたいはずと告げた。

昔、エイヴリーはNYで臨床心理士をしていたが、患者のデーターファイルを
PCからすべて盗まれて、キャリアを潰されて、患者も殺された過去があった。
その時のハッカーと対決する時もいつか描かれそうで楽しみ。

CSICyber.jpg
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ