2015年11月03日

(最終回)CSI:15 科学捜査班 ザ・ファイナル #18


「CSI:科学捜査班」がグランドフィナーレを迎えました。
ファイナルはシーズン15を通して描かれたウィンスロップの完結でした。
ウォンスロップは双子姉妹からタトゥーを入れてもらい、自分の左手の
中指を切断し、死んだ双子の兄弟ブリスコにそっくりになっていた。

ニックはサンディエゴCSIから主任として迎えたいと打診されていたが、
出世より地元ベガスで家族のようなみんなといることが大事と思っていた。

フィンに切断した指が入った瓶と双子座の兄弟の置物が自宅に届き、
ウィンスロップから“終わりの始まりだ”と電話が入った。

フィンはウィンスロップの相棒だと疑われてるショーに面会した。
被害者たちがいたデートクラブにラーソンが斡旋していて、仮釈放になった
ショーとフィンはラーソンに会いに行き、斡旋したことは認めたが、
事件に関わってないと、金の出所はウィンスロップの父親コリンだと証言。

双子座の置物から身元不明の双子姉妹の血液が付着し、それは凶器だと判明。
切断した指を入れてた生理食塩水にタトゥーのインクが混ざっていて、
ブリスコのタトゥーの彫り師の元妻が双子の妹と住んでるとわかった。
サラとグレッグが双子姉妹のアパートに行くと、鑑識済みの現場だった。

現場には遺体がなく、今までと違って雑な感じがして、残されてたICレコーダーに
“俺とジャレットを引き裂こうとしたこの世の不条理が多くの死を招いた。
災いを生んだ張本人への制裁はこれからだ。”とメッセージが残されていた。

現場に残されてた縄に貴重なサボテンの花粉が付着し、愛好家を調べると、
コリン・ウィンスロップが浮上する。
性的暴行で何度も訴えられていて、コリンはメキシコに逃亡してると思われたが、
サンディエゴにいるとわかり、ニックのコネで地元警察と家宅捜索を行うことに。

家宅捜索でウィンスロップをかくまってた部屋と冷凍庫から双子姉妹の
遺体が見つかり、コリンを逮捕するが連行中にコリンが狙撃されて、
ショーもフィンをかばって撃たれて亡くなってしまう。

ウィンスロップの指紋が付着したライフルが近くから見つかった。
ラッセルはフィンを心配し、ベガスに戻ってくるように命令する。
コリンの温室にある監視カメラにコリンとラーソンが映ってたが音声はなく、
モーガンは植物の葉の振動から特殊ソフトを使って、音声を復元した。

15歳の時に家出したコリンの娘メイのことで言い争ってたので、ラッセルは
ラーソンからメイが近親相姦で妊娠し、修道院でウィンスロップとブリスコを出産し、
ブリスコは養子に出し、病弱なウィンスロップは死んだと見せかけたが、
コリンに見つかり、ウィンスロップを引き取ったと言うが、ラッセルはDNA鑑定で
双子の父親がラーセンだと知っていた。

ラーセンはウィンスロップからメイを守るためにウソをついたと、メイは修道院で
フィンが会ったシスター・アリスだと告白する。

ラッセルはフィンとシスター・アリスを保護するためにシアトルに向かおうと、
フィンの部屋に行くと、鑑識済みの現場になっていてフィンの姿はなく、
ウィンスロップがいた。

CSIではモーガンがシスター・アリスが姿を消したとラッセルに電話しても
出ないし、フィンも捕まらないとサラに報告し、サラが警官と突入して、
ウィンスロップは撃たれた。

ラッセルはまだフィンは生きてると、駐車場にいたモーガンとグレッグが
盗難車のトランクから瀕死のフィンを発見する。
グレッグは心肺蘇生を行い、モーガンはドクターヘリを手配した。

数週間後、フィンは昏睡状態で意識が戻らず、ウィンスロップは助かって、
ついに正義の鉄槌が下されることに。
ニックはサンディエゴCSIの主任になることを決意する。
ラストはニックの懐かしい映像がフラッシュバックして終わった。

ついに終わってしまった。
結末からするとシーズン16の可能性も期待してたのかと思いました。
次回の最終章にはグリッソム、キャサリン、ブラス警部も再登場して、
ついに完結を迎えることに。

CSI:科学捜査班 コンパクト DVDーBOX シーズン12 -

CSI:科学捜査班 コンパクト DVDーBOX シーズン12
posted by Jasmine at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ