2015年10月04日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #15

リグスビーはジェーンたちと飲み、チョウにモーテルまで送ってもらうと、
部屋のドアが開いたままで、部屋からヴァンペルトの姿は消えていた。
携帯や財布も置いたままだったので、何者かに連れ去られたと推測。

ハイバックも姿を消したので、アボットは容疑者として捜索を命じると、
FBIにハイバックが現れた。
ジェーンはハイバックから上手く聞き出そうとするが、無実を証明に来たと言い、
取調べを見てたフィッシャーがここに来たなら、すでに死んでるのはと言ったのを
聞いてしまったリグスビーが乱入して、ハイバックに襲い掛かった。

ハイバックはアリバイ証明を提示し、犯人だという証拠もなくて、
弁護士がやって来たので釈放するしかない。
ジェーンはハイバックを脅して動揺させて、ミスを犯すように追い込んだ。

その頃、地下室に閉じ込められてたヴァンペルトは何とか鍵を外して脱出し、
小屋には誰もいなくて、外に出ると一面雪だった。
ヴァンペルトが歩いてると、車がやって来て運転手の女性から携帯を借りるが
圏外だったので、彼女の家で電話を借りようと車に乗り込んだ。

ヴァンペルトは電話を借りようと彼女の家に入るが、ライフルを向けられて、
腕に結束バンドをつけさせられてしまう。女性はハイバックの姉だった。
姉は幼い頃、弟が父親から酷い目に遭わされてたが守れなかったことから
協力してるらしく、弟を苦しめたCBIを憎んでいた。

ハイバックは釈放され、弁護士と車に乗り、途中でリグスビーが乗り込み、
運転してたのはジェーンだった。
ジェーンたちは弁護士を降ろして、ハイバックを連れ去り、リグスビーは
ヴァンペルトが居場所を吐かせようと走ってる車からハイバックを落とした。

リグスビーは車から降りてくると、ハイバックに暴行し、威嚇射撃までして、
トランクからガソリンらしきものを出して、ハイバックにかけると発煙筒を点火し、
ジェーンが止めに入ると、ハイバックが落ちてた銃を手に入れてしまう。

FBIではジェーンとリグスビーの計画を誰も聞いてなく、行方を追っていた。
ワイリーはハイバックの祖父母がニューメキシコ州にいたことや姉ヘイゼルの
転居先がサンタフェで、山小屋にいることを突き止めた。

ハイバックはジェーンたちを銃で脅して、ヴァンペルトがいた小屋に行くが
脱出した後で、リグスビーはさすがだと褒めてたが、ハイバックは
どうせ見つけられると、ヘイゼルの小屋に連れて行くが、リグスビーは
車から降りないと抵抗するので、撃ったが銃に弾は入っていなかった。

リグスビーはダッシュボートに隠してた銃をハイバックに向けた。
ハイバックにヴァンペルトの元へ誘導させる作戦だった。

ハイバックは銃を突き付けられて小屋に入り、リグスビーはヴァンペルトに
駆け寄っていくが、隠れてたヘイゼルに撃たれてしまう。

ジェーンとヴァンペルトは外に連れて行かれ、ハイバックはジェーンの手を
まき割台の上に置かせ、斧を振ろうとしたとき、撃たれたリグスビーが頑張って、
ヘイゼルを殴って銃を奪い、ハイバックを射殺した。

そこへFBIのヘリが到着して、ジェーンたちは助かった。
アボットはリグスビーとヴァンペルトをFBIに誘ったが、民間人がいいと断った。
残念だけど、2人には幸せに暮らしてほしいな。

THE MENTALIST/メンタリスト <フィフス・シーズン> コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン5 コンプリート・ボックス
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ