2015年09月19日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #13


メキシコのフアレスでアメリカの公選弁護人イーディスの遺体が発見された。
イーディスはナッツと乳製品のアレルギーを示す医療用の腕輪をつけてたので、
すぐに身元が判明し、処刑スタイルで後頭部を撃たれてたが、血痕がないので、
別の場所で殺害されたと推測。

地元警察はカルテルの犯行を疑ってたが、ジェーンは公選弁護人のイーディスが
ヒッピーみたいな服装をしてたので、潜入してたと疑うが、入国記録もないので、
どうやってテキサス州からメキシコに来たのか謎だった。

ジェーンはフィッシャーとチョウにランチまで用意し、チョウには昔好きだった
メキシコトビマメをプレゼントして、フィッシャーにもうまくいったら
プレゼントすると。

カルテルは死体遺棄に使う場所があるので、彼らの犯行ではないとわかり、
フィッシャーたちはオースティンに戻るが、ジェーンはもう1回現場を見てから
帰ると残り、現場近くの小屋に入ったジェーンは姿を消してしまう。

車で戻る途中のフィッシャーにジェーンから電話が入り、被害者がメキシコへ
どう行ったか分かったと、場所がわからないから電話で追跡してと切れてしまう。
チョウとフィッシャーはGPSからテキサス州ジェントリーの私有地にたどり着く。

チョウたちが敷地に入ると所有者の男がやってきて、ライフルを向けてきて、
FBIと名乗るがバッチを見せろと銃を下さずに緊迫する状況で、携帯から
ジェーンの何があっても撃たないでと声が聞こえてきて、ジェーンが現れた。

ジェーンはメキシコとアメリカを繋ぐトンネルを見つけた。
土地の所有者はカルテルに脅されて、トンネルを作ったことを認めた。
血痕が見つかったと追及すると、ハゲタカが見えたので行くと女性の遺体があり、
捜査されないように遺体を動かしたと自供する。

ジェーンはワイリーに子供の頃、大好きだったたまごっちをプレゼント。
リズボンは被害者の写真共有サイトで、事件前夜に見てた写真を見てると、
ジェーンはジェントリーの青空市場の写真を見つけ、そこに何かあると推測し、
フィッシャーとFBIからもらったキャンピングカーで5時間もかけて向かった。

ジェーンは到着すると昼寝すると横になり、フィッシャーは聞き込みをするが
FBIだと名乗ると誰も答えてくれないので、名乗らずにイーディスのことを
ピーナッツバター売りの男に尋ねたことで揉めてしまう。

それを見て笑ってたジェーンはイーディスがアレルギーがあるのに
ピーナッツバターの試食をもらってたと聞いて、キャンピングカーで
旅行してるフリをして、ピーナッツバター売りに近づき、いつかは農場で
暮らしたいと言うと、俺らの農場に来ないかと誘われて、フィッシャーを
置き去りにしてついていく。

“ギャズデン・グローヴ”と呼ばれる農場では権力を嫌ってる人たちが
自給自足の生活をしていた。
ジェーンはアレックスに農場での暮らしに誘われ、試しに一泊することに。
翌朝、ジェーンはリズボンに電話し、イーディスは農場の誰かに会いに来たと、
黒いヘリコプターと戦車を用意してと頼む。

フィッシャーはジェーンに置き去りにされたことでアボットに苦情を言うが、
アボットはジェーンから子供の頃に大好きだったロボットをもらってご機嫌で、
ジェーンは周りに溶け込もうと努力してるとかばってるし。

黒いヘリコプターが農場の上空を飛んだことで、みんなは偵察に来たと警戒し、
そこへFBIがやって来たので、アレックスたちは銃を手にして出迎えるが、
アボットは捜索令状があると協力するように告げ、1時間の猶予を与えた。

ジェーンはアレックスに力になりたいので話をさせて欲しいと頼むと、
みんなに僕は一市民でもありFBIの契約社員でもあると告げ、この中に
イーディスを殺害した犯人がいて、僕はFBIを踏む込ませないで犯人を見つけて
外へ連れ出せると犯人を絞り込み始めた。

イーディスは左翼の弁護士時代の知人に会いに来たと、45歳未満の人を下がらせ、
犯人は逃亡中でここを隠れ家にしてると、犯人は銃を持ってると銃を持ってない
人を下がらせると、犯人は焦って汗をかき始めてると精神的に追い詰めると、
やめてと中年女性のマーシャが怒り出して、ジェーンに銃を向けた。

仲間たちが説得し、マーシャは銃を下した。
FBIに連行されたマーシャの本名はレイチェルで27年前に環境保護のテロで捕まり、
イーディスが弁護してたが逃走した。

ネットの写真でイーディスはレイチェルを見つけて、自首するように説得しに
メキシコまで行くが、レイチェルは自首する気はなく殺害されたのだった。

ジェーンはフィッシャーに魔法の杖をプレゼントした。
子供の頃、これで願いが叶うと思ってたが、母親に買ってもらえなかったと、
魔法の杖を使ってるのをジェーンはソファーから眺めていた。

一方、リズボンはアルディレスの殺害を調べるが、捜索令状が下りなくて
困っていると、ジェーンからサンフランシスコ市警にいるラローシュに
貸しがあるから助けてもらうといいと言われ、リグスビーとヴァンペントが
ラローシュにジェーンが借りをチャラにすると言ってると伝えて協力してもらう。

ラローシュから捜索令状が取れたと連絡が入り、リグスビーも現場に向かい、
真っ暗な倉庫に2人で入っていくと、仕掛けられてた罠にラローシュが引っかかり、
仕掛けの銃で撃たれて死んでしまった。

ラローシュまで殺されるなんて、敵は一体、誰なんだろう?
それにジェーンはみんなが昔、好きだった物をどうやって調べたの?

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2(6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2
【THE MENTALIST/メンタリスト(終)の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ