2015年09月18日

グレイズ・アナトミー シーズン11 #11

エイプリルとジャクソンはハーマンからお腹の赤ちゃんが2型だと説明を受ける。
お腹の中にいても胎児は骨折することもあると聞き、エイプリルは動揺する。

ジャクソンの母キャサリンも駆けつけて、すぐに日を決めて誘発分娩をして、
美しい男の子を産んだら名前を付けて、その場で洗礼をしてもらい、
赤ちゃんを抱っこして祈りながら歌ってあげるといいわと諭された。

翌日、エイプリルは誘発分娩の前に死亡証明書にサインを求められて、
名前を決めてないし、奇跡は起きるかもとしれないと仕事に戻ってしまう。

ブレンダが夫ハワードに謝って、首を撃たれて搬送されてきた。
ベイリーとカリーがオペをしてると、赤ちゃんが産まれようとしていた。
ブレンダは不妊なので妊娠してると気付いてなく、分娩中は麻酔が使えないので、
ベイリーが傷口を押さえ、カリーが女の子の赤ちゃんを取り上げた。

ブレンダは思いがけない出産に喜んでたが、首で止まってた弾が心臓に達して、
危険な状態に陥り、マギーもオペに入り、蘇生を試みるが反応がなく、
ベイリーはブレンダに目を覚まして抱っこしてあげなきゃと声をかける。

子供を諦めてたハワードも赤ちゃんを見て感激し、意識を取り戻したブレンダは
やっと娘を抱くことが出来た。

アメリアとステファニーは神経膠腫で視力を失ったドリューのオペを担当。
オペではハーマンのオペでも使うレーザーを使用し、腫瘍を取っても視力が
回復する可能性は低いのに、アメリアは腕を磨くためにオペしてるので、
ステファニーは実験台にしてると非難する。

オペが終わったドリューは少し視力が回復して、ステファニーは喜ぶが、
アメリアは望みのないオペを引き受ける覚悟がないなら私の助手も
外科医すらも辞めたほうがいいと告げた。

メレディスはデレクに会いに行くために子守を頼める人を探してたが、
誰も見つからずに困ってると、マギーが子守をしてくれることに。
マギーは子守は得意らしいし、姪っ子たちと仲良くなれるチャンスだね。

エイプリルがいないERは管理者がいないので混乱していた。
ベンはブレンダの検査用サンプルをインターンにラボに出すように頼んだが、
サンプルは放置されていた。

ベンはサンプルを預けたインターンを見つけるが、エイプリルは彼女は
インターンではなく、婚約者と車に乗っていて交通事故に遭って、
婚約者を亡くしたウェンディだと気付く。

ウェンディは心の整理がつかずに病院を離れることはできず、エイプリルは
彼女を優しくハグして慰めながら、自分も落ち着きを取り戻すことができた。

エイプリルは息子の名前をサミュエルと決めて、陣痛誘発で男の子を出産し、
神父に洗礼をしてもらい、ジャクソンと赤ちゃんの最後を看取った。

アメリアはエイプリルのために病院の礼拝室にキャンドルを用意した。
みんながキャンドルに火を灯して祈りをささげ、アメリアが礼拝室に戻ると、
キャンドルすべてに火が灯っていた。

アメリアは隣に座ったオーウェンに私の子は43分生きたと話すと、
オーウェンはアメリアの手を優しく握った。
もしかして、オーウェンとアメリアが恋に発展したりするのかな?


グレイズ・アナトミー シーズン10 コレクターズ BOX Part1 [DVD] -

グレイズ・アナトミー シーズン10 コレクターズ BOX Part1
posted by Jasmine at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ