2015年09月09日

サウスランド シーズン1 #5

今回は対ギャング班のメインエピでサリンジャーは班のボスらしいと
やっとわかり、彼の失敗から大きな手柄に発展するとは。

対ギャング班のサリンジャーは不倫相手のミアとのデートの帰りに
飲酒運転で交通事故を起こした。
意識がもうろうとしてる間にギャングに拳銃を盗まれてしまう。

サミーとネイトはサリンジャーからの連絡で事故現場に駆けつけると、
近くの店の駐車場から銃声が聞こえたので駆け付ける。
監視カメラの映像から撃ったのはギャングだと判明する。

サミーたちは上に報告せずに、対ギャング班のメンバーに協力してもらい、
罪状をでっち上げてギャングたちを取り締まることに。
元売人で警官に撃たれて訴えて得た大金で名ばかりの青少年センターを
運営してるビッグ・ウェインにも情報提供を頼む。

警察の取り締まりに住民は反発し、サリンジャーは分署長に銃を
奪われたことを報告し、12時間以内に解決しろと猶予をもらった。

サミーとネイトはギャングのたまり場となってるビルでの発砲現場に行くと、
射撃練習したらしく、壁が撃ち抜かれてた。
HCCのメンバーを尋問し、特別な銃を探してるが、お前みたいに小男じゃ
使いこなせないと言うと、あの銃も余裕で使えたと引っかかった。

ビッグ・ウェインの車を押収すると、車椅子なのにわざわざ聖書が乗ってると
分署まで文句を言いに来たので、他にも車を持ってるのに何かあると
押収した車を調べると、CDの配達に1万ドルも使ってるとわかった。

ギャングの姿が消えたので調べると、入隊したギャングの葬儀に参列していて、
そこにビッグ・ウェインの姿もあった。
ビッグ・ウェインの車から見つけた輸送料の領収書から軍の基地近くから
この辺りの住所に送られていた。

送り先の住所に行くと、ちょうど若い男女が荷物を受け取ってるところで、
サリンジャーはその家には90歳のサリーが住んでるはずと不審に思って、
家に入っていくと、サリーは納戸に閉じ込められていた。

荷物には銃などの武器が入っていて、発送主のカーターとモリスは
HCCのメンバーで現在は陸軍にいた。
ビッグ・ウェインは入隊を後押ししてたのは、武器の調達のためだとわかり、
現場を押さえて逮捕した。

サリンジャーの銃は圧力が効いたのか、ガキが返しにきて無事に戻った。
今回の件で懲りたのかミアに終わりにしようと告げた。

リディアは出勤しようと家から出たところで露出男のスタンリーに
遭遇して逮捕する。
誓約を交わして釈放されたスタンリーはリディアをコーヒーに誘うとは、
救いようがないわ。

ベンとジョンは子供に緊急電話の仕方を教えるために通報した
おバカな母親に貴重な時間を取られるとは気の毒だった。
ジョンは帰宅途中に道路で木が倒れてるところに遭遇したりと厄日だね。

Southland: Comp Second & Third & Fourth Seasons [DVD] [Import] -

Southland: Comp Second & Third & Fourth Seasons
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウスランド(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ