2015年08月18日

リベンジ シーズン4 #19

デヴィッドの娘アマンダ・クラークで、デヴィッドの汚名を注ぐために
エミリー・ソーンと名乗ってたと公表したので、展開を期待してたのに、
過去のシーンが多すぎて、期待外れだった。

ヴィクトリアはノーランに嘘をつかれたと動揺するルイーズにノーランと
エミリーは他にもたくさん隠し事をしてると追いつめて、USBを手に入れた。
ヴィクトリアは暗号化されてるデータを男に解読させることに。

エミリーの告白から一夜明け、ヴィクトリアとマルゴーは沈黙していて、
デヴィッドはエミリーが詐欺罪で告訴されないようにFBIと取引をする。

ベンはエミリーを訪ねてきて、周りから彼女の正体を知らなかったと言われ、
刑事に昇進したのに、内部調査を受けることになったと怒るのも無理はない。
エミリーはベンに影響することを考えてなかったからね。

エミリーが失脚させた元上院議員のトム・キングズリーは交通事故専門弁護士
になっていて、復讐仲間に呼びかけてるとエミリーが現れた。
キングズリーはエミリーに強気な態度だったが、デヴィッドが現れると一転し、
アマンダに手を出すつもりなら周りに気をつけろ葬ってやると言われたところに
ヴィクトリアから電話が入るが無視した。

マルゴーはエミリーの追及記事より、ダニエルの名誉回復の記事を出すことに。
ヴィクトリアからアマンダの犯罪の証拠を手に入れたと言われるが、彼女は
人を殺してないと、お腹の子はエミリーではなく、自分のせいだと打ち明けて、
邪魔はしないが応援することはできないと告げる。

ヴィクトリアはルイーズにエミリーが私の人生を破滅させて、精神科病院に
入院させたと自分の都合のいいように話して、早く、離婚するように勧めた。

ノーランはルイーズからあなたはたくさんの秘密を抱えてると、秘密のお友達、
ビーチでのパーティ、秘密のノートPCと言われたことで、証拠のファイルを
コピーされたと気付く。

エミリーは証拠を残してたことに激怒し、ノーランは一緒に成し遂げた
大切な思い出だから取っておいたらしいが思い出は記憶に留めておかないと。

ヴィクトリアはインタビューのオファーを受けるが、先に警察に提出する
証拠があると話してると、エミリーが私にインタビューしてと申し出た。
エミリーは生放送で独占インタビューを受けると条件として、、ヴィクトリアに
インタビューはしないことを要求する。

エミリーはインタビューでヴィクトリアとは子供の頃から複雑な関係で、
父が逮捕される前、コンラッドが父に罪を着せる準備をしてる時、
ヴィクトリアは9歳だった私に目をつけて、監禁して洗脳しようと企んだ。

父が服役中に真実を綴った日記を読んで、希望の光が見えて救われたことに
恩返しをしたくて、父を救いたい一心でエミリーとして生まれ変わったと。

嘘を重ねたことでの代償は大きく、命がけで家族を守ったエミリー・ソーン、
妹のシャーロット、エイダン・マシスとは残りの人生を一緒に過ごすつもりが
私の残して先に逝ってしまったと涙を流す。

エミリーは危害を加えたことはあるが、私は一線を越えたことはないと、
ヴィクトリアがエイダンを殺したと告発したが、罪に問うつもりはないと、
自分の行いの責任を取るかはヴィクトリア次第だと。

そして、生まれつき心に闇を持っていてかわいそうな人で、15歳の時に殺人で
有罪になり、ますます邪悪な人になり、ヴィクトリアの恐ろしさを知ってたから
素性を明かさなかったと、正体を知られる前から友人たちも標的にされて、
苦しめられたと、ヴィクトリアに終わらせる決断をしてと呼びかけた。

マルゴーはヴィクトリアにテレビを使って、非難するなんて残酷で卑劣で、
言ってることは嘘ばかり、人を殺したのはデタラメだとダニエルから聞いてると、
負けたらダメと証拠を警察に届けるように勧めるが、世論まで味方につけたと
死んだも同然と諦めていた。

インタビューを見たデヴィッドはエミリーに何が起きても受け入れろと言ったが、
誰かがエミリーを狙ってるみたい。

リベンジ ファイナル・シーズン コレクターズ BOX Part2 [DVD] -

リベンジ ファイナル・シーズン コレクターズ BOX Part2
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | リベンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ