2015年08月14日

(最終回)ブレイキング・バッド シーズン5 #16

グランドフィナーレを迎えました。
期待通りに素晴らしいフィナーレで大満足でした。

雪が降る中、車に乗ったウォルターはエンジンを直結するがかからず、
“家に帰してください、まだやることが。”と祈ると鍵が見つかった。

ウォルターはNYタイムズの記者のフリをして、エリオットの会社に電話して、
新しい住所を聞き出すと、ジェシーからもらった腕時計を公衆電話の上に置いた。

エリオットたちが帰宅するのを待ち、ウォルターは自宅に侵入する。
ウォルターはエリオットとグレッチェンに渡すものがあると車にある972万ドルの
大金を運ばせると、ジュニアが18歳になったら取消不能信託で渡すように頼む。

ウォルターは家族に憎まれてるし、受け取っても政府に没収されるだけだが、
慈善活動に励む裕福な実業家なら金を受け取るだろうと、税金や弁護士費用が
必要なら、ここから出せと言うと、エリオットは承諾して握手を交わした。

ウォルターは君たちを信じていいかと尋ね、合図をすると2人に赤い光があてられ、
もう20万ドルもってくるはずだったが、一流の殺し屋に渡したと、明日私に
何が起きようと、彼らはここで見張ってると、子供たちに金が渡らなければ、
命が狙われると脅して去った。

赤い光はパッジャーとスキニーピートがペンライトを当ててただけで、
ウォルターは2人に報酬を渡し、ブルーメスが出回ってる件を尋ねると、
彼らはウォルターが作ってると思ってたので、ウォルターはジェシーだと気付く。

その頃、ジェシーは鎖に繋がれた状態でメス作りをさせられていた。
ウォルターは52歳の誕生日を迎え、荒れた自宅にリシンを取りに戻り、
50歳の誕生日パーティのことを思い出した。

リディアとトッドが店で会ってるところにウォルターが現れた。
ウォルターはメチルアミンが切れるだろうと、メチルアミンがいらない
新しい製法があると、金が底を尽きたので100万ドルで取引を持ち掛けると、
リディアはジャックと相談すると答えて、ウォルターは去ったが、
いつものようにリディアは飲み物に甘味料を入れるが、リシンが入っていた。

ウォルターは荒野で何か装置を作っていた。
一方、スカイラーはマリーからウォルターが戻ってきたと、ニューハンプシャーで
盗んだ車がこの町で見つかり、隣人がウォルターを家で目撃したと連絡が入る。

すでにウォルターはスカイラーに会いに来ていて、5分だけと告げると、
ウォルターは別れを言いたかったと、スカイラーはリディアの件で脅されたと言うと、
連中は来ない、今夜で終わりだと、ハンクとゴメスが埋められてる座標を渡した。

ウォルターはスカイラーにDEAに私に押し入られたと連絡し、ハンスとゴメスが
眠ってる座標で検事と取引しろと告げて、眠ってるホリーに会い、帰宅した
ジュニアの姿を離れた場所から見て去った。

ウォルターはジャックのアジトに会いに行くが、ジャックに取引を断られる。
ジャックたちはウォルターを殺そうと銃を向けるが、ウォルターはジェシーを殺すと
約束したのに彼をパートナーにしたと言うと、ジャックは侮辱されたとジェシーを
連れてくるように命じた。

ウォルターは取り上げられた車のキーを手に入れると、連れて来られたジェシーに
飛びかかって、キーを押すと車のトランクが開いて、銃が乱射された。
荒野で作ってたのは、お手製のマシンガンだったとはすごい!

トッドだけ生き残り、ジェシーは鎖でトッドを絞め殺して、鎖の鍵を手に入れた。
ウォルターは銃を拾うと、まだ生きてたジャックを始末すると、ジェシーに銃を渡し、
殺せと告げるが、ウォルターは腹部に銃弾を受けてたので、ジェシーは自分で死ねと
銃を捨てて出て行った。

ウォルターはトッドの携帯に電話してきたリディアにみんなあの世だと告げ、
具合が悪いのはリシンを飲んだせいだと電話を切った。
ウォルターはジェシーを見送ると、ラボで警察が来るのを待ちながら倒れて、
警察が駆けつけた時にはウォルターは死んでいた。

ウォルターは死ぬんだろうなと思ってたけど、ジェシーを身を挺して守り、
すべての罪を引き受けるとは。
やっぱりウォルターにとって、ジェシーは大事な存在だったのだろうし、
ジェシーは命を懸けて助けてくれたウォルターのためにも改心してほしいな。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5 BOX(4枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ